香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典とお供えの違いって?

親しくしていた知人が亡くなった場合、すぐに駆けつけることもよくありますが、その時にお香典を持っていく必要はありません。

でも、その場合にはお花や故人が好きだったものなどのお供えを持参することはあります。

お香典は、本来葬儀の日となっていますが、最近の弔問はお通夜だけという人も多いため、いずれかに持っていくようになっています。

一方お供えは亡くなった人を慰めるために供える品物のことですが、これは宗教やその地域の風習などによっても異なるので注意が必要でしょう。

葬儀を行い、お香典やお供えをいただいた場合には、後日お返しをすることはほとんどの人にとって常識となっています。

 

お金か品物かの違い

葬儀に参列する際にお香典を持参するのは当然のこととなっていますが、お供えに関しては全員が持っていくとは限りません。

現在お香典は当たり前でも品物はどうしたらいいか迷うこともあるようです。

親しい間柄であればその両方だったり、先に食べるものなどの品物を持っていくこともあるでしょう。

生前の故人との関係性がより密接であれば、故人のことを考えてできることをすれば良いということになりますが、難しいのはそこまでの関係ではない間柄の場合かもしれません。

お香典とお供えの違いはお金と品物との違いです。

ついつい難しく考えてしまうのは品物のほうかもしれませんが、まず地域のしきたりによって必要な場合もあるということは覚えておく必要があります。

葬儀は住んでいるところによって様々な風習やしきたりがあります。

最近の暮らしは全国的に同じようになっていますが、それでも昔からこうだったというようなことはまだ存在しています。

特に人が亡くなった場合にそれが多いので、より注意を必要とします。

その地域の決まり事として、供物の持ち帰りをすることが決まりになっているところがあります。

この場合は、お通夜でも告別式に参列する場合には食べるものや飲み物などが必要です。

故人が淋しくないようにということと、遺族が最後の夜を一緒に過ごすために食べるものや飲み物が必要だったという昔の名残があることで、この風習が残っているとも考えられています。

そしてさらに弔問客にも持って帰ってもらうということになっていたようで、それが必要だとされる理由になっています。

これは故人や遺族への気持ちを贈ることなので、持参ももちろんかまいませんが、地域の習慣が異なる場合があるので葬祭業者に頼むほうが間違いはありません。

仏式の場合は果物や干菓子、お線香などの他故人の好みの物を贈ります。

神式では果物、お酒、海の幸など、キリスト教式はそのしきたりはないそうですが、祭壇ではなく自宅に届けることはあります。

気をつけたいことは、何か品物を持っていく必要があるかどうかという事前の確認です。

 

理解しておきたいお供えに関しての知識

お香典に関しては誰でも理解しているかもしれませんが、お供えに関してもお香典同様にある程度理解しておく必要があるかもしれません。

しきたりや風習などに関連することにもなるので、間違いはできるだけ避けたほうが良いからです。

葬儀を営む遺族側もやり直しはできませんが、参列する側もそれは同じです。

先述したように宗教によって供えるものの違いがあることに加えて、それが必要か必要ではないかということ、そして御厚志辞退とある場合です。

亡くなったお知らせなどにご厚志はご辞退申し上げますなどといった文が記載されていることがありますが、これは供物、供花、お香典などを一切遠慮させていただきますという意味です。

また、お香典は受け取りますが供物、供花はご辞退というのもあるということも一応覚えておきましょう。

故人と親しかったなどの理由で、どうしても何かを贈りたいと考えていることもあるかもしれませんが、それでも辞退を希望するというお知らせがある場合には、必ず遺族の意向に従うことが重要です。

一方これらの断り書きが一切ない場合、遺族側は贈られたものは受け取るということを意味していることも忘れないようにしましょう。

 

お供えなどへのお返しは別々に贈ることが無難

お香典をいただいたお礼に品物などを贈る香典返しは当然するものとなっていますが、お供えに関しても同じようにお礼をする必要があります。

地域のしきたりなどにより必要だとされる場合を除き、お供えは故人と親しい間柄の人が贈ることが多くなっています。

いただいた側としてはそのお礼をすることは当たり前ですが、香典返しと一緒にするかどうかという点は難しいところです。

品物はお金と違って金額がよくわからないこともあり、見た目よりも高額な場合も多いようです。

遺族側としては、できればいただいた品物も含めて一緒に香典返しとしたいと考えるかもしれません。

けれども、香典返しといただいた品物へのお返しを一緒にした場合に、お返しを受け取った側が一緒になっていることに気がつかないことがあるかもしれません。

そうなると誤解を招くことにもなるので、十分な注意を払う必要があるでしょう。

親しい間柄だからわかっていると考えることもできるかもしれませんが、ここは親しいからこそ、これからのお付き合いも考慮するようにするほうが良いと考えられます。

なので、両方をいただいた場合は別々にお返しをするほうがより丁寧な対応だということになります。

また、お香典はなく供物や供花のみという場合も中にはあるようで、その場合は四十九日の忌明けの挨拶を兼ねてお礼状や挨拶状を出すなどの対応が必要です。

でも、その供物などがとても高価なものだったときにはそれにふさわしい品物など予想される金額の三分の一程度のお返しはしたほうが良いと言われています。

一方でお香典とは別に品物やお花などのためにお金を包むこともあります。

これは御供物料という表書きになっているはずなのでお香典と区別されていることははっきりしています。

御供物料としてお金を包む場合の相場は10000円程度となっているので、いただいたときには、これもお香典とは別のお返しをすることが望まれます。

お香典に加えて、故人に対してのお悔やみの品をいただいたお礼という意志がはっきりしているほうが、お返しを受け取る側もその気持ちをちゃんと理解できるでしょう。

香典返しを考えることは大変だった葬儀の後に行うにしては少し荷が重い作業になるかもしれませんが、故人と遺族への気遣いへのお礼と考えて、気を取り直してその作業に望むことも必要です。

お香典をはじめとしてそれぞれにはきちんとのしを付けることは当たり前になっているので、それらの表示をきちんと確認して、お香典以外に品物や御供物料をいただいている場合には特に気をつけることが大切です。

 

お香典のお礼として贈る香典返しとは別に、故人の好きだった食べるものやお花などのお供えをいたたいだ場合にもそのお礼をする必要があります。

お香典はお金、お供えは品物と理解することでその違いは明らかなため、お返しもまとめてしないほうが良いと言われています。

お返しを受け取った側がお香典と供物の両方のお返しと気がつかないことがあり得るというのが一緒にしないほうが良い理由ですが、今後のお付き合いを考えてもきちんとした対応をするほうが良いと言えるでしょう。

香典返しは品物を選ぶなど手間もかかり、なかなか大変なことですが、お礼の気持ちを表す場と考えてしっかりした対応が望まれています。

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!