香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典返しに挨拶状などの無料のサービスも用意している「シャディ」

親しい相手が亡くなってしまうことはとても悲しいものですよね。

故人とのお別れの葬儀の場に来てくださった人たちのために、親族として感謝を伝えるために渡すのが香典返しです。

もらう立場ならよくありますが実際にこちらから渡すとなると、どうしたらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

シャディならそんな人のためにいろいろなサービスを行ってくれますよ。

 

そもそも香典返しって何なのか?

香典(こうでん)とは、仏式などの葬儀を執り行った時に亡くなった方の霊前に供える金品のことを指します。

葬儀や告別式で故人にお供えされた香典もしくは玉串料やお花料に対して感謝の気持ちを親族から伝える必要があります。

この時に返礼の品物として渡すものが香典返しです。

昔は人が亡くなると近親者は忌中自宅で喪に服していました。

そのため葬儀の準備などは近所人たちが行い、こういった人たちに多くの食料を必要としたので香典にはお米を持ってくる人が多かったそうです。

お米を持ち寄る習慣が少しずつお香やお供え物に変化していき、江戸時代には現代と同じように現金を供えるようになりました。

この時代には香典の金額を記しておき、その相手の身内に不幸があった時に同じ金額を持っていくようになりました。

これが今の香典返しの始まりともいわれています。

今でもいただいた香典の額を記載しておく習慣が残っていますが、一方、香典でお供えいただいたもののおかげで故人を無事に浄土に旅立つことが出来たという感謝の気持ちを表すとして、品物を送り返すという習慣となったのです。

 

送る時期は?相場はいくらぐらい?

香典返しは亡くなった故人の冥福を祈り、喪に服す期間の終わりである法要後に送るのが一般的となっています。

この忌明けの時期は宗教によって違いがあります。

仏式では四十九日の法要後に品物を送るのが一般的です。

神式では五十日祭が忌明けにあたり、キリスト教式ではこういった品物を送る習慣はありませんが葬儀で供えられた弔慰金などの返礼品を用意するのが通例となっています。

このように忌明けの法要後に渡すことを後返しと言います。

それとは反対に、最近ではお通夜や葬儀の後にすぐにその場で香典返しを渡す当日返しも多いです。

北海道や東北地方、関東中部地方で特に多くなっていて、香典の金額が大きく返礼品が十分でないときには再度返礼品を送るのが通常です。

ではその相場はいくらぐらいなのでしょうか。

だいたい香典の金額の半分程度を出すのが一般的です。

地域によって返す金額に差がありますが基本的には半返しで大丈夫です。

当日返しの場合は半返しができないので、2,000円か3,000千円程度の品物を渡すのが目安です。

香典の金額にかかわらず一律の品物を用意すればよいです。

 

シャディの香典返しならこんな特典があります!

香典返しは宗教や宗派、地域によって違いがあるのが特徴です。

このような違いがあるので、マナーを押さえているシャディに用意してもらえたら安心で心強いです。

ギフト専門店のシャディだからできる無料のサービスを紹介していきます。

まずはお返しのギフトに付けるのし紙や水引、表書きなどのマナーを任せることが出来ます。

品物と一緒に送る挨拶状やお礼状も宗教によってマナーが違うので分からないという人も多いかと思いますが、シャディなら異なるマナーに対応して無料で簡単に作成することが出来ます。

何を書いていいのかわからないといった時でも親切にサポートしてくれるので、いざというときに困りません。

マナーを守って香典をいただいた方への感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

慣習や宗教を押さえた掛け紙や表紙もサポートしてくれるので、渡す相手に失礼のないものを選べます。

多くのお届け先があっても定型のエクセルに注文内容を入力するだけなので手間がなく簡単にまとめて注文することが出来ます。

こんな豊富なサービスがついているのに全て無料でできるので安心です。

 

迷ったときは!選び方のポイントを紹介

いざ品物を用意するとなっても、どんなものを渡したらよいのか分からず困ってしまいますよね。

ここではそんな香典返しの選び方について紹介していきます。

選び方のポイントは、どの宗教や地域でもいえるのですが金額で選びましょう。

品物の金額の相場は供えられた香典の半返しなので、香典でいただいた金額の半分程度の金額から返礼品を選びます。

シャディなら金額ごとに選べるようになっているので迷わずサクサク決められます。

当日返しの場合でも決めやすいです。

渡したい返礼品のカテゴリで選ぶのもおすすめです。

シャディなら実用的なものや日持ちのするものなど、好みに合わせてカテゴリから選べます。

贈る相手によって選ぶのも良いでしょう。

香典として供えられた金額が高かった人や普段からお世話になっている人にはこだわった返礼品を渡したいですよね。

感謝の思いを伝えるためにも贈る相手ごとに選ぶのも良いです。

また、ブランドで選ぶのもおすすめです。

シャディなら香典返しで人気の高いブランドを紹介してくれているので、その中から選ぶと贈る相手にも喜ばれることでしょう。

 

香典返しによく利用されるギフトとは?

では実際に香典返しでよく利用されているギフトにはどのようなものがあるのでしょうか。

香典とはお祝いの場で渡すものではないのでそれに対するお返しとしてふさわしいものが良いでしょう。

具体的には品物であれば後に何も残らないものやすぐに使い切ってしまうものが良いとされています。

こういったものはいわゆる消え物とされる品物で、香典返しにはよく利用されます。

逆にお祝い事を連想させるような品物は避けた方がよく、お花やチョコレートのような品物はNGです。

現金などの金品を送るのもダメとは言えませんが避けた方が無難です。

消え物の中でもよく利用されているものは、食べたらなくなる品物です。

お茶や海苔、お菓子のような食品は食べたら残らないので定番のギフトとして好まれます。

相手がいつ食べても良いようになるべく日持ちする食品を選ぶのがベストです。

食品以外にも使えば消える品物もおすすめです。

例えば石鹸や洗剤、タオルのような日用品が良く利用されます。

石鹸や洗剤には不幸を洗い流すという意味合いも込められており、タオルには仏の世界への旅立ちに白装束で旅立つという意味も込められています。

 

シャディで選ばれている香典返しランキング

香典返しで渡すものに様々な商品が選ばれていて、消え物とされる食べたらなくなる食品や使ったらなくなる日用品がおすすめなのですが、その中でもシャディで良く選ばれているギフトのランキングを紹介していきます。

1位は今治タオルと香るお茶和菓子の詰め合わせです。

2,000円程度という選びやすい価格帯でもあり、白装束を連想させる純白のタオルに誰からも喜ばれるお茶と和菓子の詰め合わせが定番となり人気が高いようです。

2位はカタログギフトアズユーライク和風の2,800円コースです。

無難な価格帯であるとともに、近年ではこちらの好みではなく受け取った相手の好みに合わせて品物を選べるカタログギフトの人気が高まっています。

様々なブランドから好きな商品を選べて商品点数も豊富なところが嬉しいです。

3位はヨックモックのバラエティーギフトで、誰からも好まれるお菓子で人気が高いです。

4位は紋ごのみのタオルセットでこちらも日用品として使える消え物で選ばれています。

5位はスターバックスオリガミパーソナルドリップギフトで、コーヒーギフトの中でも人気が高いです。