香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しにカタログギフトを選んだ際の注意点

香典返しであれこれ悩む時間がもったいないという人も少なくありませんが、それ以上に万人が喜ぶ物を返せないと悩む人が多いです。誰もが「もらってよかった」と思うような物を返したい人に最適といわれるカタログギフトを選ぶ人が増えてきました。

しかしカタログで選ぶ形のお返しにはちょっとした注意点があるため、事前に確認しましょう。

そもそもカタログギフトとはどんな物か

そもそもカタログギフトとは、いったいどんな物なのかよくわからないという人や、初めて贈るという人も少なくありません。カタログギフトとは送る人が予算に合うギフトの描かれているカタログを送付し、送られた側が自分好みの商品を選んで申し込む物です。

後日商品がカタログを提供している会社から送られてくるため、香典返しや内祝いなどで使用されるようになりました。送られた側はどんな物を選んでも自分好みのものをもらえるため、どんな物を送ったらいいのかわからない人でも最適です。

また、香典を送った人に合わせて予算を決めることが可能となるため、香典の金額にあわせて送るカタログを変えることができるでしょう。総合カタログで送ることができる会社のカタログを使って送る場合には、金額の記載がないので相手に失礼にならない送り方ができます。

人や家庭ごとの事情があるため、それぞれの事情にあった形で品物をカタログで決められるとして、多くの人が利用するようになりました。提供するカタログギフトを取り扱う会社によって、独自性の高い物から高級感ある物まで多数存在するため、好みの会社の物を選んで送る人が少なくありません。

送る相手や年代によって、ギフトの会社を分けるという人もいますが、香典のお返しとして送る場合には1つの会社でまとめて送ったほうがいいでしょう。送る相手を間違えるようなトラブルになりにくく、1つの会社にまとめることで安くなる可能性もあるからです。

香典のお返しとしてカタログを送ることは失礼に当たらないのかと考える人も少なくありませんが、金券などを送る場合と違い、失礼に当たりません。金券などのような金額があきらかにわかってしまう物の場合には、失礼だと感じる人も存在するため、送ることを避けましょう。

結婚式の引き出物だけでなく、さまざまなシーンで使うことができるため重宝されており、今後も使用が増えるギフト・返礼品のひとつです。

香典返しとして送るときの注意点

カタログを送るだけで相手が商品を選べる返礼品は送る側・送られる側双方にとってメリットの高い物です。

しかし、相手によってはカタログだけを贈ってくることに対して否定的な意見を持つ人もいるため、注意が必要と言えます。とくに注意したいのはカタログギフトに対して詳しくない高齢者や、昔からの習慣を大切にするタイプの人です。昔ながらの習慣を大切にする人の場合、カタログだけを送ってくるのではなく、物を送るべきと考えている人が多いといいます。

また、高齢者の中でもあまり詳しくない人の場合、どう使ったらいいのかわからないという人も少なくありません。結果として返礼品が来ないと考えて送る側にいい印象を抱かなくなるということも考えられるため、注意をしてください。

カタログよりも物品を好む傾向がある人の場合に備え、ある程度物品を用意しておいたほうがいいといわれています。繰上げ法要をおこなうことが増えてきている昨今では、四十九日法要をすぎてから送ると不満を抱く人も少なくありません。

あらかじめ四十九日法要をすぎてから送ると葬儀のときに明言していれば問題ないため、香典をもらうときに受付が伝えるようにしている家もあります。家によっては葬儀当日、焼香を済ませて帰る人に直接渡している家もあり、不満を抱かれないようにする対策は複数あるといえるでしょう。

一般的に香典の三分の一から半額程度が香典返しといわれているため、あまり高価な物を送ることは避けるように心がけてください。なお、送ることによって失礼となる物が掲載されている場合、送ってよいかどうか判断に迷う人は少なくありません。

例として仏式の場合肉や魚、お酒といった物を送ることは、喪中の時期に失礼ではないかという場合や、四十九日まで口にしない地域の人に送っていいのか迷うという場合は、体験型のカタログを送るとトラブルを回避できるでしょう。カタログギフトに肉や魚、酒が掲載されている場合は送ることは失礼に当たらず、選ぶ人も問題ないと考えられています。

しかし、厳格な人の場合には見ることに対しても抵抗を感じることが多いため、陶芸やジムの体験ができるような体験型のカタログであれば送っても失礼になりません。直接渡せれば問題ありませんが、カタログを後日送る場合には、遠方の人にお返しを送る場合には郵送が一般的となりました。

ただし、送ってから届いた・届かないといったトラブルがないように、あらかじめ在宅する時間を確認しておくといいでしょう。また、送り状を控えておける宅配の形で送ることで、届いていないというトラブルに対して、運送会社に問い合わせしやすくなります。

カタログを香典返しとして利用するなら

なるべくトラブルを回避してカタログを送りたいのであれば、必ずカタログの内容を確認しましょう。カタログの表紙や裏表紙にまで注意し、故人を偲ぶお返しであることを意識して送るように心がけてください。

あまり派手なものは好まれないため、落ち着いたカラーやデザインのカタログを選ぶように心がけることが必要となります。中身に関しては仏式の場合には肉や魚、お酒を避けるようにし、果物やお菓子などを選べる物であれば問題ないといわれています。

また、日用品であれば失礼になることが少ないといわれているため、送るときに日用品が多く掲載されているカタログであれば問題ありません。郵送する場合にはお礼状を添付することが一般的となりましたが、先にお礼状だけを送付し、後日お返しを送っても失礼に当たらないでしょう。

ただし、直接持参してお返しを渡すことができる場合であれば、お礼状は必要ないため、添付しないようにしてください。親族と一般参列者の場合、一般参列者は香典の半分、親族の場合は三分の一でいいといわれているため、お返しの金額に注意しましょう。

即日返しで多くの参列者にお返しを送っていても、香典が高額の人の場合には差額が出てしまうため、四十九日明けにカタログを送付する場合が多いです。不足した金額分だけ送る形となるため、金額に気をつけて送ることで、相手に失礼とならないお返しができます。

なお、宗教によっては送る時期に差があるため、仏式ではない場合、いつ送るのか把握してから送るようにしてください。仏式の場合は即日か四十九日明けて1週間以内ですが、浄土真宗だけは初七日から数えて一ヶ月以内にお返しすることがマナーです。

浄土真宗の場合、亡くなった人はすぐ極楽浄土に行くと考えているため、喪中という期間が存在しないといいます。神式の場合には、十日祭りの前後といわれる、逝去してから十日後に当たる霊祭の前後で送ることになる場合が多いです。それ以外では三十日祭や五十日祭の後、納骨を済ませてから送ることがマナーとされているため、送る日にちに注意してください。

キリスト教の場合にはお花代に対するお礼として送られるため、カトリックかプロテスタントかによって多少前後があります。カトリックは30日目の追悼ミサが済んでから送り、プロテスタントの場合には1ヵ月後の昇天記念日に送ることが多いです。

なお、無宗教の場合には喪中が存在しないことになるため、いつでも送って問題ないといわれています。家族葬の場合であっても香典返しのタイミングは通常の争議と変わることはないため、送る時期に気をつけてください。

 

カタログギフトはさまざまなアイテムや体験ができるクーポンの掲載された、便利な物として知られています。しかし、送る場合、香典返しであることを考えて相手に失礼となら内容に送ることが望ましいため、あらかじめチェックしてください。

業者によって香典返し用のカタログを用意しているところもあるため、あらかじめ会社ごとの情報をチェックして送ることが望ましいでしょう。人やタイミングを考えて送ることによって、マナーを守り、相手に失礼にならない形でお返しを送ることが可能となるため、参考にしてください。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像