香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典返しを贈る時期はいつ?マナーを知ろう

香典返しは故人へのお悔やみとしていただいたお香典へのお返しですが、その時期はいつぐらいが最適かということを悩む人は多いようです。

最近葬儀を行う場合には斎場を利用することがほとんどで、受付で会葬御礼と一緒にお返しも渡されることもあります。

葬儀が終わってからよりもお通夜や告別式のときに渡すほうが1度で済むことから、その形を選ぶ人も多くなっています。

ですが、その場合でも葬儀後の挨拶状は必要になるなど、香典返しには把握しておくべきマナーがあるので確認しておくことが必要です。

 

葬儀が済んだ報告という意味から時期を考えるお返し

香典返しはお悔やみとしていただいたお香典への感謝の気持ちを相手に伝えるためにあるということもできます。

それをいつ渡せばいいかということは迷ってしまうことも多いようです。

お通夜や翌日の告別式が終わったあとに渡すべきか、後日郵送するほうがいいかなどいろいろなことを考えるかもしれません。

一応のマナーとして香典返しを贈る時期は、四十九日の忌明け後というのが一般的だと言われています。

さらに、昔からのマナーとしては、遺族がお香典をいただいた相手のところに出向いて香典返しを渡すことが常識となっています。

その際に葬儀など一切のことを無事に済ませることができましたという報告とお悔やみをいただいたお礼としての挨拶をします。

しかし、最近は品物を郵送で届けるということのほうが多くなっています。

以前であれば面と向かって挨拶をしないで品物だけを郵送するなど失礼だという声もあったようですが、最近はこれも普通のことになっています。

けれども、その場合は品物と一緒に必ず挨拶も兼ねたお礼状も付けるのが常識です。

仏式で葬儀を行った場合、人が亡くなったことに関して言われていることがあります。

それはいわゆる成仏に関してのことですが、四十九日の忌明けとは、今の世ではない別の世にきちんと行くことができましたというのがその言葉の意味するところです。

要するに、とても悲しくつらいことですが、この世ときちんとお別れできましたということで、おかげさまで一連の葬儀を終えることができましたという報告だということです。

わかりやすく言えば全部済んだお礼ということなので、忌明け後が贈る時期だということは理にかなっていると言えるでしょう。

香典返しは四十九日が済んだ後とだけを覚えておくよりも、具体的な意味合いを知っておくほうが良かもしれません。

そうすれば、お悔やみをしてくれた方への感謝の気持ちもより大きくなるのではないでしょうか。

 

把握しておきたいお返しに関するいろいろなマナー

香典返しは直接相手に会って挨拶をすることが常識となっていますが、現在はそれをしないからといってマナーに反しているということは言われていません。

その場合は、きちんと感謝の気持ちを述べたお礼状・挨拶状といったものを一緒に入れるのが正しいマナーだと言えます。

最近はお通夜や告別式の終わったあとに会葬御礼としてお茶やハンドタオルなどの品物と挨拶状を参列者に渡します。

遺族の希望によってはそのときに会葬御礼としての品物に加えて香典返しも渡す形になっている葬儀も珍しくはありません。

お返しは感謝の気持ちでお返しは金額の約半分の半返しが常識となっています。

でも、そうは言ってもその内容はいただいたお香典の金額によって異なるというのも一般的な考え方です。

葬儀後すぐに渡す場合は金額にかかわらず品物の値段は一律なので、ここでもまたそういう場合の常識として知っておくべきことがあります。

葬祭業者に葬儀を依頼すれば、すべてのことをおまかせできますが、お香典の金額は後できちんと確認しておく必要があります。

もし一律のお返しを済ませているのなら、大きな金額の場合は改めてその金額に応じた品物を贈るということです。

お返しは全部済んだと考えればとても気が楽にはなりますが、すべてのお香典の金額が同一ということはあり得ません。

ですからここの部分はしっかりと把握しておきましょう。

お香典を渡すことは、故人に対するお悔やみを述べるということなので、本来ならば金額にこだわる必要はないのかもしれません。

しかし、お金のことは難しい面もあるので、後々の関係を良い状態で維持するためにも、気を使いすぎることはないと考えることも必要かもしれません。

さらに、高額のお香典をいただいた場合にあらためてお返しを贈るというマナーに関して例外もあるということも一応知っておくと良いでしょう。

それは、相手の方が目上の人とか、社会的地位の高い人、歳の離れた親戚などの場合は、かえって失礼になる場合もあるということです。

せっかくの好意を無駄にされたと感じることがないような配慮も必要だということです。

 

お返しをしない場合でも必要な挨拶状

多くの人にとってお香典をいただいた場合にお返しを贈るのは常識となっているのが現在ですが、そもそもお返しは絶対に渡さなければいけないものなのかという意見も中にはあります。

そして、それは決して間違っている意見ではないようで、香典返しはしない場合もあるそうです。

最近の葬儀は以前に比べて簡素な形が多くなっており、参列者は家族と故人と親しかった友人などだけという家族葬や、お通夜を行わずに1日だけで済ませる1日葬と呼ばれる形も多く選ばれています。

一般葬だけではなく他の形で葬儀を執り行うにしても、その際に遺族はお香典やお供えを事前にお断りするということができます。

葬儀の連絡をするときなどにお断りさせていただきますという文言を見たことがある人もいるかもしれません。

はっきりお香典を断る旨を示していれば、たとえお香典をいただいたとしてもお返しはしなくても良いとされています。

また、故人がその家の中心となっている働き手で、残された子どもがまだ小さい場合などもお返しをする必要はないとされています。

故人へのお悔やみの意味合いがあるお香典ですが、これは相互扶助の意味合いも持っていて、家族が亡くなったことで生活が今までよりも大変になったときのための経済的な支援という意味です。

一方、お返しを別のところに向けるという形、福祉団体などへの寄付も最近は増えているようです。

相互扶助の精神を別の方向に向けると言うことになるでしょうか。

いただいた感謝の気持ちをさらに別のところに寄付として贈り何かに役立ててもらえば、故人への供養にもなるという考え方ですが、その際にはその報告は必須です。

地域の福祉団体への寄付が多いようですが、そのことをきちんと挨拶状に記すことが必要です。

寄付することでお返しはしないことになったと考えるだけではなく、そのことを相手に知らせるのは絶対にしなくてはならないことだと理解しましょう。

贈る側が相互扶助の意味合いだと考えていたとしても、お返しが届かないということになれば、お香典を渡したことを知らないのではないかと考える人もいます。

そうした誤解を生まないためにも、お返しをしないのであれば、必ず挨拶状は送る必要があるということを忘れないようにしましょう。

 

葬儀の際に故人へのお悔やみとしていただいたお香典に対して、そのお礼と感謝の気持ちを込めてお返しをすることを香典返しと呼びます。

これは、葬儀を行った際には常識だとされており、四十九日の忌明け後という時期にもマナーと言われていることがあります。

そして、その金額は半返しというのも常識となっていますが、金額が大きい場合には改めてそれにふさわしい品物を贈るほうが良いとうことも知っておくと良いでしょう。

一方お返しは常識でも例外があり、事前にお香典を辞退したり、故人が一家の働き手で後の生活に支障があるかもしれない場合などはお返しの義務はなく、寄付の場合も同様です。

しかし、お返しをしない場合でも挨拶状を送ることは忘れないようにしましょう。

以上のようにお返しにはその時期や金額など様々なマナーがあるということと、そのマナーの把握が必要だということを覚えておくと良いでしょう。

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!