香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典返しで人気のカタログギフトのコースが揃っている「リンベル」

香典返しにカタログギフトでお返しをされる方が増えてきています。

従来は後に残らないお茶や海苔、使えばなくなる石鹸やタオルなどが選ばれてきましたが、持ち帰るのにかさばってしまいますし、相手の方がもらってもあまり嬉しくないという場合もあります。

そこで香典返しは相手の負担にならないカタログギフトを利用されてみてはいかがでしょうか。

 

これまでの基本は不祝儀を残さないものが基本でした

香典返しは、元々不祝儀を残さないという考えが基本にありますので、消えてなくなるものを贈るのが基本でした。

例えば後に残らない消えてなくなるものという意味で、お茶やコーヒー、砂糖といった日持ちするものをお返しに差し上げたりしていました。

他にも使えばなくなるタオルやシーツ、洗剤や石鹸などの日用品を贈ることもあります。

地域によっては陶磁器を贈る習慣もあります。

何故、陶磁器を贈るのかその理由は、陶磁器は土で出来ているものですので、故人が亡くなり土に帰るという意味が込められていることから、陶磁器を香典返しとして贈っていました。

しかしこうしたお返しは相手にとって負担に感じることもあります。

お茶や砂糖などは相手があまり欲しくはないものであるなど、石鹸やタオルなどの日用品は他からも頂くこともよくありますので、家で余っているという場合もあります。

陶磁器などは趣味に合わないものだったりすると相手の負担になることもありますので、香典返しの品としてもらって嬉しくないこともあるのではないでしょうか。

そこで相手の負担にならないカタログギフトに人気が集まっています。

 

香典返しにはカタログギフトが人気

最近の香典返しとして人気があるのはカタログギフトです。

中でもリンベルは人気のあるギフト業者の1つです。

ギフトを贈るメリットは、相手に自分の好きな物を選んでもらうことが出来ますので、相手が欲しいものを差し上げることが出来るという点です。

他にも当日お返しをする場合、会葬者の荷物にもなりません

香典返しをする時は、相手によってお返しの額を決めなくてはいけませんが、カタログギフトの場合、あらかじめ様々な価格設定がされていますので、頂いた香典にあわせて額を選ぶことが出来ます。

相場はいただいた香典の半額程度です。

そのためあらかじめギフトは、色々な額のものを用意されていた方が無難でしょう。

一般的な香典は5千円ぐらいが相場ですので、お返しは半額の2500円程度のカタログギフトを選ばれるとよいです。

もし高額の香典を頂いた場合でギフトを当日用意出来なかった場合は、当日返しで2500円程度のカタログギフトをお渡し、後日再び金額が半額程度になるようにお返しをするとよいでしょう。

地域や慣習、宗派によって違いがありますので気を付けてお渡しされるとよいです。

 

予算に応じて選ぶことが出来ます

カタログギフトで一番お勧めなのがリンベルです。

2,000円台から5,000円台まで価格を選ぶことが出来ますので、予算に応じて選ぶことが出来ます。

法要引き出物や香典返しに必要なメッセージカードや挨拶状、ギフトを持ち帰るための手提げ袋も無料で用意してくれますので、大変便利です。

お葬式の準備は突然のことで、色々な準備に追われて大変忙しいものです。

しかしリンベルならこうした準備も公式サイトから注文をすることが出来ますし、挨拶状の確認もネットで行うことが出来ます。

お返しもそれぞれの送り先へ送付することが可能ですので、後日香典返しを行う時も手間がかかりません。

頂いた方も自分の本当に欲しいものを選ぶことが出来ますので、実に合理的です。

ギフトにある商品も一流品のお店のものばかりですので、頂いた方も自分の好きなものを手に入れることができ、きっと喜んでくれることでしょう。

ちょっとしたおやつにピッタリなフィナンシェ・マドレーヌ詰合せや有名店のお漬物、一流ブランドのハンカチのセットなどがありますので、相手の方の好みのものを選んでもらうことが出来ます。

 

リンベルでギフトを贈るベストな時期について

リンベルを利用して香典返しを贈る時期は、宗教や宗派によって違いがありますが、だいたい忌明けの時期に贈るとされています。

キリスト教の場合、昇天記念日の1か月後、仏式の場合、五七忌の35日後、七七忌の49日後、神式の場合は50日後です。

後日返しのメリットは49日が終わってからお返しをするため、贈られた相手が後日返しであることをしっかりと認識してもらうことが出来ます。

また頂いた香典の金額にあわせてお返しをすることが出来ますので、相手に失礼がありません。

後日返しのデメリットは相手の郵便番号や住所、頂いた額を調べなければなりませんので手間も時間もかかってしまうことです。

当日返しというのは、お通夜やお葬式の時に香典返しを行うことが出来ますので、後日お返しをする手間を省くことが出来ます。

当日返しを行う時は、当日返しの挨拶状を入れてお返しをします。

このあいさつ文もすべてリンベルなら無料で用意することが出来ますので、突然のお通夜やお葬式でも慌てずに準備をすることが出来ますので安心です。

当日返しの手紙を入れておかないと通夜やお葬式に来ていただいた会葬御礼と勘違いされてしまうこともありますので、当日返しの挨拶状は忘れずに入れておくことが大切です。

最近では、後日返しよりも当日返しをされる方の割合も増えてきています。

 

リンベルで人気のあるギフトとは

法要香典返しのリンベルで人気のあるギフトはタオルセットです。

日本の一流メーカーのものや外国製のタオルが人気です。

普段は自分で購入するのはちょっと贅沢なものばかりが用意されているので、頂いた方もきっと嬉しいことでしょう。

おもしろいことにカタログを頂いた方も、香典返しの定番商品であるタオルを選ばれています。

日用品として使えますのでやはり人気があるのでしょう。

普段使いのものとは違い、ギフトとして用意されているタオルは、最高級の良質な製品ですので、柔らかく上質な肌触りがたまりません。

上等なものを使ってみたいという方にタオルは人気があります。

一流洋菓子店のクッキーの詰め合わせや日本国産の果物を贅沢に使ったプレミアムデザートジュース、人気レストランカフェのフロランタンという洋菓子も好まれています。

こうした食べてなくなる消え物も好まれるギフトです。

カタログには全国の選りすぐりのよい商品が厳選されて用意されていますので、本当によい商品を相手に贈ることが出来ます。

品質にこだわった良品ですので、贈られた方もきっと満足してくださるはずです。

 

公式サイトから一括注文することが出来て便利

カタログギフトの注文はリンベルの公式サイトから行うことが出来ます。

公式サイトから専用フォーマットのエクセルを使って、自分が欲しい金額のカタログを一括で注文することが出来ます

送付先の住所も入力すれば、贈りたい相手にまとめて注文することが出来ますので、大変便利です。

ギフトを即日お渡したい場合は、予定の参列者の数よりも少し多めに注文されるとよいでしょう。

後日渡しを行いたい場合は、贈りたい相手の住所をまとめて入力すれば、リンベルからそれぞれの相手に挨拶状とセットでカタログを送ってくれますのでとても便利です。

挨拶状の種類なども自分でデザインやメッセージを選ぶことが出来ます。

一人ずつお返しをする場合は、相手先それぞれの住所を書かなければなりませんが、公式サイトから専用エクセルフォーマットで注文指示を出せば、簡単に行うことが出来ますので時間の節約にもなるでしょう。

パソコンでの入力があまり得意ではない方は、公式サイトから申し込み用紙をダウンロードして印刷をし、相手の住所やギフトの数を記入して、ファックス郵送で申し込みをするとよいです。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!