香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しのお礼の仕方は電話が適切?

親戚や知人などから香典返しが届いた経験がある人もいるのではないでしょうか。その際、電話で連絡を入れるべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

では香典返しが届いた際、どのように連絡をするべきなのかマナーについて詳しく紹介したいと思います。しっかり覚えて役立てましょう。

 

仏事でのマナーをしっかり覚えよう

仏事が滞りなく終わったころに送る香典返しですが、いただいた経験がある人も多いのではないでしょうか。

その際、お礼を電話でするべきか直接いうべきか迷ってしまう場合があります。何となく電話では失礼ではないかと考える人もいるかもしれませんが、実は香典返しのお礼はしなくても大丈夫なんです。仏事に関してはお礼をいただいた際にさらにお礼をすることは不幸を重ねてしまうということで敬遠されています。

そのため、特に電話などで連絡をしなくても良いとされていますが、やはり相手が届いたか気になっているのではないかと心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。直接自宅に持ってきてくれた場合はその場でお礼の言葉を伝えることができますが、宅配便などで届いた場合はその場で伝えることができません。

確かに仏事の場合、何も連絡をしなくても良いとはいえ気になるところです。その場合、相手との関係によっては電話や手紙で届いたことを知らせても大丈夫でしょう。

その場合、届いたことをメインで話すというよりはその後の様子はどうでしょうかなど、近況を話しつつその話の中でお礼をするような形がベストです。手紙を送る際も丁寧な文章でその後いかがお過ごしでしょうかなど相手を思いやす言葉と共に香典返しが届いたことを書くことで相手にもきちんと届いていることを伝えることができるでしょう。

特に親しい間柄の場合はどうしても届いたことを伝えたいと思う人も多いのではないでしょうか。その際は必ずしも届いたことに対して連絡をしてはだめというわけではなく、近況報告を兼ねつつ伝えることをおすすめします。

また、必ず相手のことを気遣う言葉を掛けることが大切です。相手の気持ちに寄り添う気持ちで話をすることが一番大切になるため、そのことに対してしっかり配慮するようにしましょう。

 

相手のことを一番に考えることが大切

基本的には何も連絡をしなくても問題はありませんが、やはり普段から連絡をこまめに取っている間柄であれば連絡を入れたいと考える人もいるのではないでしょうか。

その場合でも電話では先方が忙しい場合もあるのではがきなど送るのでも大丈夫でしょう。香典返しを送るタイミングとしては仏事などひと段落したタイミングではありますが、まだまだ慌ただしくしている時期でもあります。そのため、もし連絡を入れる場合であってもあまり長く話をせずに手短にすることも大切です。

また、最初にお礼を重ねることは不幸を重ねることにつながってしまうためマナーとしては何も連絡をしないとしましたが、例えば電話やはがきで報告をする際も繰り返しの言葉には注意をしましょう。ますますなど良くお手紙を書く際など使用する言葉ではありますが仏事の場合の繰り返しの言葉は不幸の繰り返しとなってしまいます。

そのため、言葉の繰り返しがないか投函する前にしっかりチェックをすることが大切です。特に気にしない人もいるかもしれませんが、年配の人の場合気にする人も多いため、マナーとしてしっかり覚えておきましょう。なかなか機会がないとマナーを覚えることができませんが、きちんと覚えておくことで相手に失礼のないような振る舞いをすることができます。

やはり気にする人は気にするので覚えておくことが大切です。日本には仏事だけに限らずさまざまなマナーがあります。一般常識として覚えておくことが大切であり、自分が恥ずかしい思いをしないためにも、また相手に失礼のないようにするためにも必要なことではないでしょうか。

また、香典返しが届いたことに関して特に連絡をしなくても良いとはいえ、はがきなどで連絡が来てそこに体を労わるような言葉が書いてあれば嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。電話で連絡をする場合でもその時期はいろいろ他からも連絡が入ったりと忙しいタイミングでもあるので、どうしても連絡を入れたいのであればはがきでも良いでしょう。

 

連絡をする際も簡潔にまとめるようにしよう

近年では香典返しにもカタログギフトなどいろいろな種類が増えています。そのため、宅配を利用して自宅に届き機会も多くなっているのではないでしょうか。

通常何かいただいたときに結構なものをいただきましてなど喜びの気持ちを伝えますが、仏事の場合はそのような言葉は不適切です。いただいたことへの喜びの気持ちなどは特にはがきの場合でも書く必要はなく、相手を気遣う気持ちと届いたことを簡潔にまとめて書くことが大切です。

普段とは違う対応の仕方になってしまうので戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、仏事の場合は仏事のマナーというものがあるので、しっかり覚えておくことが大切です。言葉づかいに関してもなかなか難しい部分がありますが、お礼を伝えるのであれば丁寧な言葉で伝えることが大切です。電話で世間話をするにしてもできれば手短にするようにしましょう。

相手を気遣うあまりに長話になってしまう人もいるかもしれませんが、相手にしてみれば今はそっとしておいてほしいという時期かもしれません。相手を元気づけたいという気持ちも分かりますが、1番は遺族の気持ちが大切になってきます。そっとしてあげることも相手を労わるうえで大切なことではないでしょうか。

親族だけでなく例えば職場などで香典返しをいただく機会があるかもしれません。その場合は必ずしも連絡を入れなければいけないというわけではなく、むしろ何も連絡をしないのも仏事の場合はマナーとなっています。

しかしやはり何も連絡しないのは申し訳ないと考える人もいると思うので、その場合は電話やはがきで連絡を入れるのも決して悪いことではありません。相手との関係であったり、相手が今忙しい時期ではないかなどしっかりと考えたうえで連絡を入れるべきかを考えることが大切です。

また、近年ではメールで連絡を入れる人もいますが、その場合も電話や手紙と同様に簡潔にまとめることが大切です。また、相手もなかなかメールを見ることができない場合もあるかもしれませんが、親しい間柄であればメールでも大丈夫でしょう。

特に親しい間柄であればその場合の言葉づかいはいつも使用している言葉づかいでも大丈夫です。相手との関係など考慮したうえでどのように連絡するべきなのか、しないべきなのかを考えましょう。

 

香典返しをいただいた際に届いたことをどのように連絡するべきか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。実はこの場合何も連絡をしなくても良いのです。仏事の場合、お礼にお礼を重ねることは不幸を重ねるということになってしまうため敬遠されています。

しかし普段良く連絡をしている間柄であったり、遠方の人などどうしても連絡を入れたいという場合は電話やはがきでも大丈夫です。その場合、いただいたことに対して改めて連絡を入れるというのではなく近況報告をして相手を労わることがメインであり、その際に届きましたと一言付け加えると良いでしょう。

その場合も相手が忙しいことも考えできるだけ手短にすることが大切です。届いたことを伝えたいという気持ちもあるかもしれませんがまずは相手の気持ちに寄り添うことを考えましょう。仏事には仏事のマナーというものがあるのでしっかり覚えることが大切です。

 

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像