香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しの相場は?マナーが決まっている?

誰もが知っていることですが、家族の葬儀を行ったときに頂いたお香典に対してのお礼として品物などを贈ることが香典返しです。

お香典の本来の意味は相互扶助であり、お葬式にかかった費用をお互いに補いましょうということなので、必ずお返しをしなければいけないというわけではありません。

しかし、現在はそうした本来の意味よりも、人とのお付き合いを重視するほうが重要だと考える人も多く、香典返しは当たり前となっています。

 

一般には三分の一から半返しと言われているお返し

香典返しは、通常であれば四十九日の忌明け後に法要を行う日以降に届くようにするのが一般的となっています。

四十九日の忌明けまでは喪中なので、その間はお礼状やお返しなども控え、弔問のお礼も忌明け後にするべきだといわれています。

お香典へのお返しは、おかげさまで四十九日の法要を滞りなく行い忌明けしましたという挨拶という意味合いもあるそうです。

一方、最近はお通夜や告別式の当日にお礼の気持ちを込めて直接お返しを渡すことも多くなっていますが、これは当日返しと呼ばれています。

いただいたお香典の整理や発送の負担軽減になりますが、お香典の金額に関係なく同じ金額の品物を渡すことになります。

高額のお香典をいただいた場合はやはり四十九日後にあらためて挨拶状を添えてお返しをする人が多くなっているようです。

香典返しの目安は半返しが一般的だといわれていますが、実際は三分の一から半分というのが相場です。

突然の葬儀に対しての相互扶助という意味を考えたなら、故人の社会的な立場や残された知人たちとの関係を基準に判断するのが良いでしょう。

現役の一家のご主人が亡くなった場合には三分の一でも半返しでもなく、気持ちばかりのものでも一向にかまいません。

特に、親戚からの高額なお香典は相互扶助の目的がより強いといわれているので、その金額を必要以上に気にすることはないでしょう。

 

お返しをする時期と品物の選び方

三分の一から半返しという香典返しの相場ですが、品物を選ぶ際に個々の金額ひとつひとつを考慮するのは大変です。

ですから、この一般的な相場を考えながら、いただいた金額も考慮して3段階くらいの値段の品物を用意すると良いかもしれません。

以前からよく利用されているのはお茶やのりなど後に残らない食品やタオルや石けんなどの実用品です。

贈られた品物を見るたびに故人のことが浮かぶことが切ないということから、後に残らない、日常で使用できる消耗品が良いというのが実用品が選ばれる理由でした。

しかし、最近はもらっても使わないものよりも喜んでもらえるもののほうが故人の供養にもなるという観点から有名店のお菓子やブランドのコーヒーや紅茶など少ない量でも質の良いものを選ぶなどこだわりを見せる遺族も多いようです。

デパートやギフト専門店ではお返しの悩みに対応してくれるところも多くいので、困ったときには訪ねてみてはいかがでしょうか。

いろいろな種類のおしゃれな品物がたくさん用意されているので参考になります。

加えて、金額の相場を把握していても、頂いたお香典の額がとても多いこともあります。

前述したように親戚だけではない場合にはいろいろと考える必要が出てきます。

3万円から5万円という場合やそれ以上のこともないわけではありません。

そのときは相手の立場を考えて個々に対応する必要がありますが、この場合はカタログギフトが最適だといわれています。

カタログギフトは送られたカタログの中から好みの品物を選んで受け取ることができます。

品物の内容は有名ブランドの食器や雑貨、高級食材などに加えて有名レストランや高級料亭の食事券、ホテルの宿泊なども選ぶことができます。

また、贈る相手との関係によっては商品券という選択肢もあるということも頭に置いておくと迷ってしまった場合には助かります。

その場合は商品券にかけ紙をかけて、お香典の金額にかかわらず3000円くらいのお菓子をお盆の代わりにします。

それを弔事用の包装紙に包み一緒に贈っても良いそうです。

そして、そのときに贈るお菓子にはかけ紙はかけないということも覚えておきましょう。

仏式では四十九日の忌明け後という時期が決まっていますが、神式は五十日祭が終わった頃、キリスト教式では1か月後の命日が過ぎた頃がその時期になります。

 

相場はあくまでも目安として把握しておく

金額の相場は三分の一から半返し、時期は仏式であれば四十九日の法要が済んだ忌明け後という決まりともいえることがある香典返しですが、何よりも大切なのは、お返しをする遺族側の気持ちではないでしょうか。

兄弟や親戚などの親族は別ですが、お葬式に参列するということは、故人と何らかの関係があったということです。

しかも、たいして重要ではない間柄ではなく、親しい関係があったということの他はないでしょう。

生前親しくしていたからこそ、亡くなったときには最後のお別れをきちんとしたいという気持ちでお通夜や告別式に参列するのでしょう。

それは、生前お世話になったり、親しく楽しいときを過ごしたことへの故人に対する感謝の気持ちを表すということだということもできます。

そして、その気持ちをお葬式の場で声を大きくしていうことはできないから、気持ちを表すためにお花や故人が好きだった食べるものなどをお供えしたりします。

さらに、遺族へのねぎらいも兼ねてお香典を渡すという考え方もできるのではないでしょうか。

ですから、故人と親しくしていた人たちのそんな気持ちに対してのお礼、感謝の気持ちを伝える方法が香典返しということもできます。

要するに香典返しは感謝の気持ちを贈るということもできるので、それに香典返しの相場はという言葉はもしかしたら不釣り合いかもしれません。

気持ちが伝わればどんなものでも、どんな方法でも良いと考えることもできるので、この相場という言葉は把握しておくことが必要なだけだと考えても良いのではないでしょうか。

ただ、どんなことでも一定の目安というものは必要なので、相場を把握することは、一応の目安を知ることだと理解することは大切なのではと考えます。

なぜなら、お互いの気持ちが大切だからです。

特に人が亡くなるという日常ではない状況の中でお葬式をしなければならない遺族、悲しみを我慢しても参列者への気遣いは欠かせません。

さらに、法要、お返しとなかなか気持ちが楽になることはないでしょう。

それらすべてを理解してくれたという故人の知り合いに対する感謝の気持ちがお返しだと考えれば、遺族側にとってもその負担が少しは軽くなるかもしれません。

 

香典返しの相場は半返しと一般にはいわれていますが、実際は頂いた金額の三分の一から半分が相場となっています。

ただお通夜や告別式の際にお返しを渡してしまう即日返しと呼ばれるお返しをすることも最近は多くなっています。

これは金額にかかわらず一定の金額の品物になるため、高額なお香典を頂いた場合には改めてお返しをする必要があります。

大きな金額の場合はカタログギフトや商品券でのお返しも良いといわれていますが、商品券の場合はお菓子などと一緒に包装して贈るほうが良いそうです。

いずれにしても、故人への気持ちとしてのお香典と考えることが大切で、それに対する感謝の気持ちを贈るのがお返しだという理解をすることが必要でしょう。

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!