香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

何がいいの?香典返しの選び方とマナー

香典返しは、通夜や葬儀に参列していただいた方に対し法要が滞りなく終了したことを知らせ、故人に想いを寄せていただいたことにお礼を伝えるものです。一般的なマナーを知り、よく選ばれている品物やそれが選ばれている意味を理解すれば、いざというときに悩むことなくお返しができます。

香典返しには適した品物と金額の相場がある

香典返しで選ばれる品物は不祝儀を残さないという意味合いを持たせるために、使うとなくなるものや消耗していくものが一般的です。食品や飲料、日用品がそれに該当しますが、その中なら何でも良いというわけでもありません。

例えば食品ならおめでたいときの贈り物でよく見かけるお菓子やインスタント食品、お肉類、飲料だとジュースやお酒はあまり好ましくありません。調味料やお茶、コーヒーなど、派手さがなく落ち着いていて、誰でも消費しやすい品物は贈る相手を選ばないためおすすめです。

日用品なら洗剤やタオルなどいずれ消費してなくなる品物が好まれますが、プレゼントとして贈って相手を喜ばせるための品物選びではないにしても、受け取った側が扱いやすい品物、賞味期限や保存に困りにくい品物を想像して選ぶことはささやかな気遣いとして欠かせません。

また食器類でもやはりオシャレなグラスや食器は不適切ですが、陶磁器は故人が土に還ることを連想させたり、漆器はその作り方から不幸を塗りつぶすと言われるなど、何らかの意味があって選ばれる品物もあります。

このように、実は適切な品物を選ぼうとするとかなり選択肢が限られてきます。裏を返せば選択肢が少ないので悩まずに選びやすいとも言えますが、マナーを知らないと不適切なものを贈ってしまい失礼になる可能性もあります。その他にも悩む点として金額面があります。

一般的にはいただいたご香典の半額相当の品物を返す「半返し」がおこなわれることが多いですが、それより少し低い三分の一程度の金額まで良しとするケースも多いです。葬儀などで忙しく贈る品物を自分で決める余裕がない場合は業者に依頼することもできますが、相場より高くついたり相手の好みや年齢層を無視した品物が選ばれる可能性もあります。

故人に哀悼を寄せてくださったお礼の気持ちを込めるためにも、よく選ばれている品物と相場を理解しておけば、自分でも良い香典返しを選ぶことができるはずです。

贈ってはいけないものとマナーに注意

香典返しであまり好ましくない品物もいくつかあります。まず贈り物として人気の高いお酒ですが、お酒は神事の際にお供えするものという意味合いがあり、すなわち慶事に用いることが多いので適切ではないとされています。

故人がお酒好きだったのでというケースはよく耳にしますが、中にはお供えに使われない日本酒以外のお酒なら良しとすることもありますのでそちらを選択するのがベターです。また、こちらも結婚式の引き出物などではよく目にする昆布ですが、繁殖力が強く栄えるイメージがあることや、喜ぶという単語を連想させかねないことから不適切とされています。

風習や宗教も考慮に入れるなら、いわゆる四つ足生臭ものと呼ばれる牛や豚のお肉、魚も選ばないほうが良いとされています。この場合はたいてい生のお肉を指しますが、地域によっては忌が明けるまでお肉類を口にしない所もあるため可能であれば肉類は全般的に避けるべきです。

商品券などの金券は用意しやすく便利ですが、金額が相手にはっきりと分かってしまうため注意が必要です。香典返しは香典の半額程度が相場と言われていますので、ご香典をいくら包んでいただいたか事前に分かっている相手に対し半額相当の金券を渡すことになるので失礼にはならないとする意見もありますが、相手との関係性や年齢性別を考慮して検討したほうが無難です。

さまざまな買い物に使えるので便利だと喜んでもらえる相手なら構いませんが、目上の方や年配の方だと非常識と捉えられたり怪訝に感じられてしまう可能性があるためです。

このように、プレゼントなどで選ばれやすい品物や喜ばれやすい品物でも香典返しだと独特なルールによりタブーになることがあるため、いざというときに慌てず用意ができるよう事前にルールを知っておくことが大切です。

迷ったらカタログギフトがおすすめ

最近では、香典返しにカタログギフトを選択するケースが増えています。一定額のカタログの中から受け取った側が自由に商品を選べるもので、贈る側は品物の内容であれこれ悩む必要がなく、受け取る側もいただいて困る品物や苦手な品物を避けることができ、お互いにとってメリットが大きいです。

少し前は、カタログギフトは味気なくて失礼にあたるかもしれないと考えられていました。確かにこれが普段の贈り物であれば、時間や手間を省いて手抜きに選んだように感じられてしまうかもしれず、実際に年配の方の中には定番品以外は非常識であると考える方も少なくありません。

しかし、香典返しは相手の気持ちや好みを思いやってどんなものなら喜んでくれるか考えるという趣旨ではありませんし、弔事のお返しなので不要な品物をいただいたときでも無下に扱いづらい雰囲気もあります。その点、カタログギフトは金額も分かりにくくなっていますし写真で商品を確認しながら決めることができるので、失敗も少なくメリットが大きいのです。

また、一般的には不適切とされているお肉やお酒といった品物を取り扱っているカタログギフトもありますが、これはマナー違反をしているというわけではなく、受け取った側が自分の意思で不適切ではないと感じる品物を選ぶので良しとされています。

いくらマナーがあるとは言え強制はせず、マナーを厳しく守りたい人にも自分の好みや個人との思い出を大切にしたい人にも納得してもらえる選択肢なのです。カタログギフト自体にもさまざまな種類がありますがどれでも適しているというわけではなく、ちゃんと香典返し用のマナーにのっとった品物が扱われているカタログを選ぶことが大切です。

少なくとも慶事で選ばれるカタログギフトは避け、できれば事前に中を確認してどのような品物の取り扱いがあるかを知っていたほうが安心です。また、これだけではやはり味気ないと感じる場合や手抜きの印象を与えたくないという場合、他に何か品物とセットにして贈るという人もいます。このように使い方も幅広く、誰にでも贈りやすいのがカタログギフトの魅力です。

 

香典返しは一般的な贈り物と違い、風習や宗教が背景に絡むことと適切な品物選びにマナーが存在します。いざというとき、葬儀などの準備で慌ただしい中マナーを一から学んでいる暇はなかなかありません。

しかしせっかくの故人を悼む機会ですから、業者任せにせず、品物を自分で選んで納得したうえで悔いなく贈りたいものです。具体的な品物選びが難しければ、最近ではカタログギフトを贈るのも主流になりつつあります。

マナーの内容や意味を理解したうえで、カタログギフトを選択して相手に品物は決めてもらうというのはストレスなく完了するためにもおすすめですが、相手によっては手抜きに思われる可能性もあるため注意が必要です。贈る相手が故人とどのような関係だったのか、年齢や性別、家族構成などを考慮に入れられれば、より失敗のない品物選びができるはずです。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像