香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典返しとは?いつどんなものを贈ればいいの?

葬儀の際に参列者から香典をいただいた場合は、お礼の品のお返しをするのが基本です。

とは言え、初めての葬儀での香典返しとなると、どのようなお返しをいつ贈れば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、香典返しについて、ふさわしいものや贈る時期についても触れながら紹介していきます。

 

香典返しはいつ贈るのがベスト?

香典返しとは、その名の通り香典をいただいた方に対してお贈りするお礼の品物のことです。

お返しの時期は明確に決められているわけではありませんが、四十九日の法要を終えた後、すぐに贈るのが良いとされています。

四十九日の法要を執り行ったその日に発送し、翌日には相手の方に届けられるよう手配すると良いでしょう。

法要を行った当日の発送が難しい場合は、遅くとも法要後2週間以内にはお返しするようにします。

万が一2週間を過ぎてしまい、香典返しが遅くなってしまった場合は、遅れてしまった旨を記載したお詫びのお手紙を添えて送ることが大切です。

ちなみに、香典返しは葬儀の当日にお渡しする場合もあります。

参列者が帰宅する際に手荷物としてお渡しする方法で、こちらは参列者の人数を想定しながら事前に品物を用意しておくこととなります。

そしてこのように当日にお返しを済ませている場合は、当然、後からお返しを送る必要はありません。

ただし、いただいた香典の金額が思った以上に高額だった場合などは、当日にお返しを済ませていても後から追加してお返しを送ることがあります。

 

後から贈る香典返しの金額の相場はどれくらい?

香典返しの金額の相場ですが、基本的にはいただいた額の半分程度の金額の品物でお返しをします。

例えば、香典で10,000円を包んでもらった方に対してであれば、5,000円程度を相場としてお返しを用意するようにします。

ただ半分の金額と言っても、実際にはただいた香典の額の3分の1から半分程度が目安とされており、必ずしもぴったり半分でないといけないわけではありません。

また、この「半返し」には例外も存在します。

親族などからの香典は高額な場合もありますが、そのような時にはどのような金額であっても15,000円程度のお返しが上限と考えられています。

30,000円の香典であっても、50,000万円の香典であっても、お返しの相場は等しく15,000円程度ということです。

香典の額が大きくなればなるほど、お返しの割合は3文の1、4分の1と少なくなっていくわけですが、この場合は相手の方に対して失礼にはあたらないため安心しましょう。

いずれにせよ、前述した金額はあくまで相場です。

それぞれの事情に合わせて相場を決めることもできますし、お礼の気持ちを込めることが一番大切です。

 

当日に香典返しを行う場合の相場は?

香典返しを後から行う場合は、いただいた香典の額の半分程度が目安であることが分かりました。

それでは、香典を受け取った当日にお返しをする場合の金額相場は、どの程度が目安となるのでしょうか。

結論から申し上げますと、当日にお返しをする場合の目安は2,000円~3,000円程度が一般的です。

参列者のおおよその人数を予測し、その数だけ同じ品物を用意しておきます。

そして参列者がお帰りの際に手荷物としてお渡しするようにします。

基本的には、当日にお返しを済ませた場合は後から追加してお返しを送る必要はありません。

しかし、いただいた香典の額が想像以上に大きかった場合は、忌明けのタイミングで追加のお返しを用意しておくと良いでしょう。

この時のお返しの金額の目安ですが、当日返しの分を差し引いて、不足する分を半返しで送るようにします。

例えば、20,000円の香典をもらった方に2,500円の当日返しを行っていた場合、香典の額の15,000円分に対してお返しが不足していることになります。

15,000円の半返しとなると7,500円が相場であるため、この額を目安に用意するようにします。

 

香典返しにふさわしいものとは?

香典返しにふさわしいものには、「消えもの」が挙げられます。

消えものとはいつまでも残らずに消えて無くなってしまうもののことで、食べ物や日用品などの消耗品のことです。

なぜ消えものが選ばれているのかというと、「悪いことを残さないようにする」という縁起上の考えに由来します。

そして消えものに該当するものですが、具体的には、調味料・お茶・麺類・洋菓子・洗剤・石鹸・入浴剤などがあります。

また、この他に最近人気が高いのが「カタログギフト」です。

カタログギフトも、いつまでも手元に残るものではないため消えものに該当します。

金額も様々なものがあるため香典の額に合わせて選びやすいですし、高額な香典をいただいた場合のお返しとして重宝することからも多くの人に選ばれるようになりました。

受け取った相手の方は自分が好きなものを自由に選ぶことができるため、送る側が品物選びに頭を抱えずに済む点もメリットでしょう。

ちなみに送ってはいけないものとして注意したいのが、お酒・肉・魚などです。

これらは消えものではありますが、香典返しにはふさわしくないものの定番であるため、控えるようにしましょう。

 

お返しを包む際の熨斗紙の書き方

お返しを贈る際には、熨斗紙を添えるのが一般的です。

表書きの書き方ですが、仏式の場合は上部に「初盆供養」・「新盆供養」・「志」・「初盆志」などと書くようにし、下部には施主の名前を記します。

名前には施主の氏名を書いても良いですし、苗字だけ、または「○○家」の表記でも問題ありません。

続いて神式の場合ですが、書き方が仏式とは異なります。上部には「しのび草」・「新盆祭志」・「志」などと書くようにしましょう。

下部は同じく施主の名前を書くようにしますが、施主の氏名もしくは苗字だけのどちらかの表記を用いるようにします。

以上のように宗派によって書き方に違いがあるわけですが、見ての通りどちらの宗派でも共通して使用できる表記があることが分かります。

そのため書き方に迷ったら、名前の部分は施主の氏名か苗字を書くようにし、上部に関しては「志」の文字を記しておくと安心です。

そして熨斗紙の種類ですが、白黒の水引もしくは黄白の水引を使用するようにします。

ただし地域によって風習などに違いがある場合があるため、心配であればあらかじめ確認しておくと安心です。

 

お礼状の書き方とマナーについて

お返しを贈る際にはお礼状を一緒に添えて送るのが基本ですが、お礼状にも書き方やマナーがあります。

まず基本的なものとして挙げられるのが、故人の名前を記載すること・句読点を使わないことの2つです。

句読点を使わないというのは明治時代の慣習であり、子供が文章を読みやすくするために句読点を用いたことに由来しています。

大人に対して句読点を使うことは無かったため、句読点を付けて手紙を送ることは、相手を侮辱していると受け取られていました。

この慣習がお礼状に関しては残っているというわけです。

あくまで慣習的なものではありますが、高齢の方など中には気にされる方がいるかもしれないため、あえて使わない方が無難でしょう。

また、お礼状は印刷したものでも問題はありませんが、手書きの方がより丁寧な印象を与えることができます。

感謝の気持ちを相手に伝えるために添えているので、用意する時間があれば手書きで書いた方が良いでしょう。

もちろん、時間が取れない場合や送る人数が多い場合など、印刷した方が効率は良いこともあります。

状況に合わせて用意しやすい方法で用意して問題ありません。