香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しを郵送しても失礼にはならない?

訃報を知って葬儀に欠かすことができないものでは香典がありますが、いただいたときには香典返しが必要になります。時代の移り変わりによってさまざまなケースがある中でも、郵送するとマナー違反とならないのか気になるところを考察していきます。

葬儀の中では必要なもので意味を知ること

知り合いや友人などの葬儀に参列する場合には、相手に失礼がないようにすることのひとつとして香典などが挙げることができます。日本人の感覚からいけば昔からの習慣としてありますので当たり前の感覚で持参をする人もいますが、経済状況を考えると難しいという考えを持っている人も少なくありません。

今の時代は新しいことにシフトチェンジしていることからわかるように、一般葬よりも家族葬が増えてきている背景には社会的な価値観が大きく変革したことがいえます。元々ある香典では何の意味を持つのかを知ることで、正しいマナーがわかってきますし、これから伝えていく価値が生まれてきます。

現代では家族葬が増えているので、その中でも家族という小さなスケールで考えると10人以内で葬儀をおこなうところもありますし、家族として10人以上がそろっておこなうこともあります。もちろん時代背景からですので家族葬の人数や状況によっては訃報の知らせが遅れることもあり、知った方々では後から香典を送ってくる人も目に付くようになりました。

まず大事なのは故人と生前はどのような関係であったのか、会社関係、友人関係、サークルや趣味の間柄なども含まれると関係性というのは切っても切り離すことができない項目です。香典の金額も相手との関係性から見て取れることも多く、相手の選び方によってはマナーを考えない人もでるのも事実になります。

そんな価値観があることであまりマナーを厳しく考えてもフリーな感性によってもたらされた現代社会では、あまり意味がないように感じることもありますし、容易に生きやすさと天秤にかけられません。

しかし、相手の立場を考えないマナー違反となる行為はやはりやめたほうがいいですし、意味を知ることでありがたみなどもわかりやすくなっているということです。

また宗教によって渡すタイミングなども一律ではないこともあるので、前もって調べておくことが相手に失礼がないのかを知るための準備といえます。こういったことは遺族はナーバスになっていることもあり、他の人を介して苦言をいわれることもあるので準備をしておくのに越したことがありません。

相場もありますが中身は相手との関係から

香典は自分との間柄によって大きく金額が変わってくるものですが、それは自分の両親であっても同じことがいえます。金額の目安にするには両親であれば5万円から10万円くらいが相場になっていて、複雑な関係性を作り出している家族ではもちろん環境や事情によって異なる場合もあります。

親戚などはマナーとして1万円から5万円くらいが相場になっていますが、こちらも相手との生前の付き合いによって異なってくることがほとんどです。人間関係においてお金で分けるということではないですが、やはり相手に対するリスペクトなどが含まれるとなると金額は考えなくてはいけない問題となります。

また関係性においても顔見知り程度であれば3000円からの場合もあり、あくまでも気持ちがあるかどうかという点においてはマナーを守ることは必要ということです。複雑な社会構造を考えると人によって悲しみの度合いは違いがありますし、生きている年数や年齢によって思い入れが違うこともあります。

ではさまざまな人たちから香典を渡された遺族が、香典返しをするには郵送をすることがマナー違反となるのかどうかを考える人も少なくありません。郵送をすることが失礼に当たるかどうかという現代の考え方や価値観を汲み取ると、問題がないケースが多くそういった郵送することで気持ちを伝えることもありだと考える人が多くなりました。

気心が知れた中だとどのような形でもある程度のマナーを守っていくことで問題はありませんが、実際に故人が生前大変お世話になった人で金額も高い人になると考える必要があります。もらった額に近い香典返しを用意することによって、マナーを守っていることになりどのような形にしても送ることにより気持ちを伝えるということになるでしょう。

もちろん宗教によって違いがあるものの心ある対応をすることで、感謝の気持ちを伝えることができこれからも付き合いができる喜びを感じることができます。その他にも気をつけたいことは送る物や包装する方法などもありますので、それを理解することによって一般的なマナーを学ぶことが成熟した大人の対応といえます。

包装なども注意点がいくつかある

もちろん葬儀の延長線上にあるおこないになりますので、明るい色ではなく地味な色を選択することで香典返しの包装紙にすることができます。通常では灰色や紺色、また紫色などが用いられることが多いので、これらの色を選んでおけば失礼に当たることがありません。

灰色には心おだやかにするための気持ちの表れでもありますし、喪に服す意味もこめられているので悲しみの心を伝えることができます。紺色などはこれからの新しい生活に向かって家族で頑張るという気持ちを印象付けることができるので、新しい生活のスタートを切って感謝の意味を伝えられます。紫色では葬儀などの宗教では紫が位が高く誇りのある故人が旅立ったという印象をつけることで、相手にも気品ある最後を伝えることができます。

さまざまな色によっての感情の表れですが、これがあるからこそ人は故人を想いだし悲しみから感謝、希望へのステップを踏むことができるようになります。その他にも香典返しでは相手に郵送する際には、心のこもった包装紙であったとしても上から送り付状を貼るのはよくありません。

必ず他の紙に包むなりすることでしっかりとした気持ちが伝わるようになり、香典を渡してよかったと感じてもらうことができます。よくある失敗の中には包装紙の上に紙を包むときには使い古したものではなく、必ず新しいものを用意して相手に送ることがマナーです。

そのためにも新しい紙を買ってきて用意しておくことや、前もって予測して香典返しを包むように紙を事前準備しておくことで対応することができるようになります。香典返しは郵送することでも問題がありませんが、実際に期間も気にしておいたほうがいいので四十九日の法要が終わった後に送ることが大事です。

このタイミングでだすことがいいのは四十九日の法要が終わったという報告も兼ねることができることから、相手に気を使わせない意味でも十分なタイミングになります。ちょっとしたことでもマナーを気にする人もいれば、またあまり気にしないでという人もいますが、最低限のことを知ってやっておくことで相手との関係も長く続けることができます。

 

日本人が大事にする伝統的なことには葬儀に対するマナーなどもあり、香典や香典返しなどのやり取りもまた日本特有の良さが残っています。金額などの問題もありますので一概にいえませんが、相場なども考慮すると両親の場合が一番高く親戚やお世話になった人という具合になります。

そして現代社会では忙しい日常の中でも葬儀に参列できない人もいますので、葬儀が終わってしばらく経った後から香典を送ってくる人もいます。もちろん相手に対する気持ちがこめられていることからも、香典返しを用意することになるので郵送しても問題がありません。

むしろ相手の金額がわかりやすいことからもどのようなものを用意すればいいのかわかりやすいですし、また四十九日の法要が終わった後に送ることができるメリットもあります。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像
記事一覧