香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

香典返しのタブーとは?送ってはいけないものを知ろう

葬儀を行う側になった場合、参列してくださった方達へ香典返しが必要になります。

昔に比べると贈る品物にバリエーションが出て来ましたが、それでもふさわしいもの、ふさわしくないものが存在します。

ふさわしくないものを選んで贈ってしまうと相手に非常識だ、不謹慎だと受け取られてしまうこともあります。

そこで、地域などにより考え方の違いはありますが、一般的に香典返しの品物としてふさわしくないもの、タブーとされるものをご紹介します。

 

「四つ足生臭もの」は避けましょう

贈る品物として避けるべき代表的なものに「四つ足生臭もの」と呼ばれるものがあります。

これはお肉やお魚をさします。

地域によっては忌明けとなる四十九日後まで四つ足生臭ものを避けるところもある程なので注意が必要です。

一口にお肉やお魚と言っても特に生のお肉や生魚をさしている場合がほとんどで地域や宗教の考え方によるものです。

ただ、詰め合わせのような品物の中に魚を加工したものが入っているような場合にはそこまで気にしなくても大丈夫です。

ただ、どうしてもお肉やお魚を贈りたいという場合はカタログギフトを贈ることを検討してみると良いかもしれません。

カタログギフトを香典返しの品として選ぶケースがここ最近は増えて来ているようです。

カタログギフトでしたら受け取った方が品物を自由に選ぶことができますので、直接タブーである、生のお肉やお魚を贈ることにはなりません。

そのため、お肉やお魚を贈られることに対して非常識だ、不謹慎だとお考えになる方にも、またお肉やお魚が良いという方のどちらにも嫌な思いをさせることはありません。

仮にカタログギフトを選ぶ場合は選べる品物の中身を確認して、目当ての品物が掲載されているかを確かめておいた方が良いかもしれません。

また、贈り物としてカタログギフトが選択肢に入るようになったのはかなり最近のことです。

若い方ならそこまで抵抗なく受け入れてもらえるかと思いますが、ご年配の方ですとカタログギフトを贈られることに対して抵抗があり、それこそ非常識だ、不謹慎だと考えてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

お肉やお魚はまず避けた方が無難ですが、カタログギフトのような新しいものも選ぶ際も参列してくださる方にそういった方がいらっしゃるかどうか、少なくとも不快な思いをさせないかを考えてみると良いでしょう。

 

慶事を連想させるような品物も避けるべき

神事を行う際のお供え物として使われ、嗜好品としての側面もあるお酒や、結婚式のようなおめでたいことに使われることの多い、昆布や鰹節も香典返しの品物としては避けた方が良いです。

これらはどれもめでたいものであるということを連想させてしまい、本当にそう捉える方はそうそういないとは思いますが、可能性として誤解されかねません。

そもそもなぜこれらがめでたいものとされるのでしょうか。

まずお酒は古来より日本では多くの神様が存在していると考えられており、その神様たちへのお供え物となっていました。

お正月に神社などでお神酒が振る舞われることがあるのもそのためです。

お酒、特に日本酒はお米から作られます。

日本人にとってお米は食の基本として位置づけられてきましたので、そのお米から作られたお酒は神聖なものとして神様へと贈るものとされました。

お酒を介して盃をかわし、神様と共にいただくことで自身も神様へと近くことができる、という考え方もあります。

この儀礼は新築の家を建築する際に現在でも行われています。

次に昆布ですがこれは現在でも「よろこんぶ」ということから喜ばしいものとして捉えられ、慶事の贈り物として現在も一般的かと思います。

このように「喜ぶ」と掛け合わせられるのは、室町時代の武将が現れた頃には既にあったようです。

三つ目の鰹節ですが、これも昆布と同じく慶事の贈り物として一般的かと思います。

鰹節は特に夫婦の象徴とされ、結婚式の贈り物として用いられることが多いです。

鰹節は鰹を三枚におろした半身をさらに二枚に下ろして作られます。

この二枚に下ろすことから鰹の背中側のみで作られる「雄節」とお腹側で作られる「雌節」の二種類があります。

この雄節と雌節はぴったりと合う形になることから、鰹節は夫婦の象徴とされ、結納や結婚式の結婚関連の贈り物として多く用いられるようになりました。

鰹節はこの他にも「勝男武士」という字を当てて、男性の力強さの象徴を表現したり、切り口がおめでたい松の年輪に似ているとされたり、冬でも枯れない、雄節と雌節を合わせた形が長寿の象徴である亀の甲羅に見えるなど、様々な縁起物に例えられます。

このことから結婚関連以外の場でもめでたいものとして鰹節は扱われているのです。

以上のことから、お酒、昆布、鰹節はめでたいものとして扱われているということがお分かりいただけたと思います。

そういったものが葬儀という場にはふさわしくありませんので、これらも香典返しの品物としてはタブーとして扱われます。

ただ、お酒に関して言えば、必ずしもタブーではなくなってきてはいるのでは、という傾向もあります。

近年では故人の好きだったものを品物として贈ることで故人を偲んでいただくということもあるようです。

なので故人がお酒をとても好きだった場合は好きだった銘柄を選んで贈るというケースも出てきているようです。

 

タブーではないがなるべくなら避けた方が良いもの

完全にタブーということになっているわけではありませんが、商品券などの金券類も避けた方が無難です。

香典には葬儀に伴う遺族の経済的な負担を減らすという意味合いがあります。

香典でいただいた金額をそのまま返すということはないかと思いますが、そういった意味合いがあるにもかかわらず、金銭として使用できる金券を贈るというのは失礼にあたると考えられます。

葬儀には目上の方や昔からのしきたりを重んじているという方もお越しになることがあります。

そういった方たちにはこういった理由で失礼にあたる可能性があるのです。

また、金券にはもちろん使用できる金額が記載されていますので、それを快く思わない方もいます。

時間を作って参列してくださっているのにわざわざ失礼にあたることをする必要もありませんので商品券などの金券も避けた方が無難でしょう。

ただ、完全にタブーとなっているわけではありませんので、高額な香典をいただいたが喜んでもらえる品物が見つからない場合や、身内の方、若い方には金券の方が喜ばれることもあります。

金券を贈る場合は相手を選んでみてはいかがでしょうか。

 

香典返しの品物としてタブーとされるものがあるということがお分かりいただけたかと思います。

ただ、一つ注意していただきたいのは、これらはあくまで一般的にタブーとされているものであるということです。

葬儀に関わるものは地域性や所属する宗教の考え方により異なる場合がありえます。

そのため、初めて喪主として振る舞う場合には相談できる親戚や身近な方がいればそういった方にお話を聞いてみると良いでしょう。

地域性や宗教などのしきたりが関係するものは何かと制約が多く難しいことが多く、下手をすると常識がない、不謹慎だと悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

そうならないためにも贈るものには気をつけましょう。

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!