香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しは会社にも渡したほうがいい?

会社から香典を送ってもらったというときに香典返しをするべきなのかどうかで悩んでしまう人もいるでしょう。

どのような形で送られてくるかもケースバイケースで、それに応じて適切な対応を取ることが求められます。代表例を元にしてどんな形で対応したら良いのかを確認しておきましょう。

 

名義が会社や社長などの場合にはどうするか

香典を送ってもらえるパターンとして比較的多いのが会社名義のものです。所属先だけでなく、その取引先の企業から送ってもらえることもあります。場合によっては自分以外の家族の勤め先から香典が届く場合もあり、それぞれについてどう対処したら良いかわからずに悩むこともあるでしょう。

類似のケースとして社長の名前で香典が送られてくる場合も少なくありません。あるいは所長や部長などの所属していた部署の長の名義で送られることもあります。

このような形で会社として香典を送っているという場合には基本的には香典返しをする必要はありません。このような場合には社長や所属長などが自腹で香典を送っているのではなく、福利厚生費として経費を使って送っているのが一般的だからです。

ただし、もしかしたら社長や所属長などが個人的に送ってくれたのかもしれないと懸念するかもしれません。その区別をするのは比較的簡単で、会社として送っている場合には社名や所属名、肩書きなどが必ず記載されています。あくまで経費を使っているので、会社として送っているということを明白にするように配慮されているのです。

これに対して個人的に送ってくれている場合には社長、部長などといった肩書きもなく、社名も記載しないのが一般的になっています。本人の氏名で送られてきたときには個人的な考えで香典を用意してくれたのだと考えるようにしましょう。

わかりにくい場合には、送り主の企業の総務部や人事部などに問い合わせてみるのが良い方法です。福利厚生費として経費を使って送ってくれたのかどうか、経費で香典を送ることになっているのかどうかといったことは簡単に確認できます。

もし経費を使っていないのなら自腹を切って送ってくれた可能性が高いので香典返しをしたほうが良いでしょう。

 

何人かの人が連名で送ってくれた場合にはどうするか

勤め先の人が何人か連名で香典を送ってくれることもあります。社員一同という形になっている場合もありますが、社名や社長などの名前ではないことからきっと福利厚生費を使っているわけではなく自腹で送ってくれたのだとわかることが多いでしょう。

社長と数名の社員といった形になっていることも珍しくはありません。社長以外の人の氏名も書かれているようなときには大抵は会社として決めて送っているわけではないので、香典返しをしたほうが良いと考えるのが適切です。やはり心配というのであれば担当部署に確認を取ってみると良いでしょう。

やはり有志で集まってお金を出して香典を送ってくれたという場合にはどんな品物を返すかをよく考えてみましょう。基本的には身分に応じて価格を変えて送るのがマナーです。

例えば、社長と所属長に加えて同僚が5名という場合には社長に対して高価なもの、所属長にはやや高値のものを送り、残りの同僚にはさらに値が張らないものにするのが基本になります。どういう品物にするかの考え方は大まかには二通りあるのでどちらが良いかをよく考えて決めましょう。

一つは同じ種類のものに揃えて価格で差をつけるようにするという方法です。例えばタオルを香典返しにすることはよくありますが、社長にはブランド物の高級タオル、所属長には比較的高めのタオル、同僚には一般的な価格帯のものという風にすれば良いでしょう。

もう一つはあえて種類は揃えずに本人の好みに合わせて選び価格帯だけ気にするという方法です。社長にはカタログギフト、所属長にはお茶のセット、同僚にはせんべいの詰め合わせといった形で送るのが適切な例として挙げられます。

特に社員一同となっているときには個々に配っていくと総額が大変なことになってしまうことは否めません。お礼の気持ちを示すことが最も重要なので、会社宛ての香典返しにして皆で分け合ってもらうというのも良い方法です。お菓子やお茶、缶詰などの詰め合わせであれば簡単に分け合ってもらえるので便利でしょう。

逆にカタログギフトやタオルなどは分けられないのでこのようなときには向いていません。また、社長と社員一同などとなっているときに社長の分は別にすべきかで悩む場合もあるかもしれません。現場の状況によって異なりますが、比較的小さな会社で社長も現場を出入りしているような感じなら他の人たちとまとめて渡してしまっても問題はないでしょう。

別の部屋になっているようなときには詰め合わせの中からいくつかを選んで持参するか、社員とは別のものを用意して渡すのが賢明です。部署が複数に分かれているようなときにはそれぞれに詰め合わせなどを持っていくに越したことはありませんが、どこまで配ったら良いのかがわからなくなるかもしれません。

休憩室などに多めにまとめて置いておいて、該当する人に自主的に持って行ってもらう形にしてしまうということも可能なので検討してみましょう。基本的には送ってもらった香典の額に応じてどのくらい用意したら良いかを考えれば十分なので、全員に行き渡るようにすることにこだわらないのが無難です。

渡すタイミングも問題になる点ですが、次に出社するときというのが一般的になっています。忌引きでしばらく欠席していた場合には周りが仕事を肩代わりしてくれていることもあるでしょう。

そのお礼の気持ちも込めて早めに持参するのがマナーとなっているのです。出社一日目に持参しないと香典返しをするタイミングを失ってしまう可能性があるので、忘れないように準備を整えておきましょう。

 

会社の人が個人的に送ってくれた場合にはどうするか

付き合いの深い同僚や直属の上司、あるいは社長自らが個人的に香典を送ってくれることもあります。このような場合には他に参列してくれた人と同じように扱うのが基本で、香典返しも基本的なマナーに従って送るのが賢明です。仏式では49日、神式では50日祭り後に香典返しをするのがマナーで、品物の金額は香典の金額から考えて相応のものにします。

特に会社関係の人だからといって分けて考える必要はなく、他の人たちと合わせて金額帯で分類して品物を選ぶようにしましょう。渡すときには職場で手渡しをしても問題はありませんが、社員一同で送っているのにさらに個人的にも送ってくれたというようなケースでは職場で目に付くのがはばかられるかもしれません。

自宅に宅配便などで送ったほうが喜ばれる場合もあるので、相手に合わせて適切な送り方を選びましょう。どうしたら良いかがわからない場合には本人に直接聞いて教えてもらっても構いません。

 

会社として経費を使って香典を送ってくれるケースはよくありますが、この場合には特に誰かに香典返しをする必要はありません。重要なのは連名や社員一同などといった形、あるいは個人の名前で香典を送っているときに適切な返し方をすることです。

連名で送ってもらったときには、社長などの身分の高い人と同僚では品物の金額に差をつけるのがマナーとされています。社員一同といった大勢からの香典を受け取った場合には分け合ってもらえる詰め合わせを使うのが良いでしょう。

個人名で送ってくれた場合には他の人と同じように扱って送るタイミングや送る品物を選べば問題はありません。

 

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!