香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しで人気な品物と定番の品物とは?

香典返しは、どのタイミングで、どのような品物を贈るのがいいのでしょうか。

そもそも、贈る品物に定番があるのか、人気の品物があるのか、その点も気になるものです。年齢問わず、たくさんの人から香典をもらうために、年齢差をなくして誰からも喜ばれる品物を選びましょう。

香典返し選びの前に知っておきたい情報

一都三県で香典返しを頼むのならばギフト専門会社を活用しましょう。一般的に通夜や葬儀を執りおこなうこと自体初めてで、分からないことばかりでしょう。それが喪主であればなおさらです。ですから相談できる親戚や身近な人がいれば、恥ずかしがらずにアドバイスをもらいましょう。

特に地域性や宗教など、しきたりや制約が関係する事柄もありますから地域密着型のギフト専門会社を利用しましょう。そうしたところには、冠婚葬祭専門アドバイザーが籍をおいており、知恵を借りたり話しを聞き、適した品物選びを引き受けてくれます。

実際に香典返しの品物選びだけでなく、購入後のフォローなども知識、経験ともに豊富である専門スタッフがサポートしてくれるところばかりです。また、お返しを贈る際には、熨斗紙を添えるのが一般的ですし、お礼状も添えて贈るのが基本です。

もちろん、手書きがより丁寧な印象を与えますが、お中元やお歳暮とは違い、お返しする量も多いので、お礼状は印刷したものでも問題はありません。その場合には感謝の気持ちが伝わるように手書き印刷がおすすめです。

また、贈るタイミングは四十九日の忌明け後というのが一般的ですし、一都三県では遺族がお香典をいただいた相手のお宅に出向いて渡すことが常識になっています。これまで定番となっていた品物は、お茶や石鹸、タオルや寝具など、どの家庭でも必要とされる品物でした。

ですが、それぞれの好みが細分化している現在では自分の好みの品物が欲しい、不要な品物をもらいたくないのが意見として挙がっています。いっそのこと、ハイセンスのご贈答品を贈ることができればいいのでしょうが、気の利いたことができない人もいるでしょう。

最近定番化しているのがカタログギフトですが自分で選ぶよりセンスのいいカタログギフトがたくさんありますから、気の利いたことが手軽にできます。

カタログギフトがやはり定着化している

定番なのに人気もある、今のカタログギフトは進化しています。コスパに優れた品物から、一流ブランドまで、さまざまな品物がそろったカタログギフトになっています。

また、カタログギフト業界トップシェアを誇る、パイオニア的存在の会社の特約店というところもあります。ちなみに、ここのカタログギフトを取り扱っているギフト専門会社というのは一都三県にもあります。

ただし、特約店ではありませんから、化粧箱から包装まで忠実に再現した状態で届けてくれるのは特約店のウリでしょう。カタログで注文するからにはカタログと同じ状態で届かなければなりません。

品物のクオリティだけでなく、こうしたきめ細やかな部分まで考えてみましょう。知名度も十分あるためカタログギフトの中身も気になります。もっとも安い価格帯のカタログギフトの中身は、有名ご贈答菓子や、各地の名産品がラインナップされています。

また、一都三県という地域性から、スタンダードスタイルを基本とし、都会的な要素を取り入れたブランドのアクセサリーなどもラインナップされています。カタログギフトは定番化されてはいますが進化もしていて、幅広い年齢層に人気なのはグルメカタログです。全国の名店や老舗監修のグルメな食品などがまとめられています。

北から南までの選りすぐりの名店、老舗の味が自宅で、またはそちらに出向いて堪能できるのは魅力的です。出向いてということから、最近では体験型のカタログギフトも人気です。それこそ温泉地やリゾート地、テーマパークや美術館への招待券などまでがラインナップされています。

カタログから注文するので、招待券の金額が相手に知られる心配もありません。最近では、体験型のカタログギフトの種類もバリエーションがあり、美術館のように見る、音楽会のように聞くなどの五感をイメージさせているようなカタログギフトも発売されています。相手の趣味や趣向が分かっているのならば、こうしたカタログギフトを選んでみてもいいのではないでしょうか。

年代別で違った品物を贈ることも可能

若い年齢ならそこまで抵抗なく受け入れることができても、年配ですとカタログギフトを贈られることに戸惑うことも考えられます。こちらの思いを伝えるには、やはり品物を選んで贈ることが望ましい場合もあるようです。自分たちで香典返しとなる品物を選ぶのならば、それが本当に役立つのか、喜ばれるのかといったことを考えなければなりません。

デパートや専門店もおすすめですが、香典返しやギフト専門会社に依頼することで割引価格で用意できます。ちなみに、通夜や告別式の終わったその場にて、会葬お礼として品物とお礼状を参列者に渡す場合もあります。地域によって香典返しにしてしまうこともあり、この場合の定番はお茶や海苔、ハンカチなどです。

基本的に消え物を贈ることが定番化しています。その理由は、縁起のよいことではない分、後々まで残さないようにするためです。消え物に該当するものでは、お茶や菓子、洗剤や石鹸などがあります。

それこそ、お茶にしても茶所で有名な産地のお茶を選ぶことや、玉露や紅茶など、お茶の種類やランクなどで選びましょう。贈る品物にバリエーションがありますが、贈るのに不謹慎な品物もあるようですから気をつけましょう。

例えば、金額が分かってしまう金券やギフト券、めでたいイメージが根付いているお酒や昆布などのグルメな食品は慶事の贈る品物とされていますから避けましょう。ただし、故人の好きだった品物があるのならば、贈ることで故人を偲ぶことにもなります。

その場合には、お礼状にその旨をしたためておき、了承を得ておきましょう。また、故人の年齢によって会葬者は異なります。年功序列とはいいますが、若い年齢でお亡くなりになることもあります。そうした場合には、お子さんたちにも配慮した品物を選ぶようにしましょう。

お子さんがいる家庭から香典をもらったのならば、やはり果汁入りのジュースや洋菓子、洗剤や石鹸などが定番です。ですが、重量があるため、やはりカタログギフトという形で贈ることがベストでしょう。カタログギフト以外では、若い年齢ではイタリアンやフレンチなどのグルメな食品や、腕時計や名刺入れなどのビジネスツールなどが人気のようです。

中高年の年齢では、お酒や寝具など、日常生活に必要となる品物がありがたく感じられるようです。高齢の年齢では、梅干しや調味料を含めた和のグルメであったり、食事券などが人気です。どちらにおいても価格はもらった香典の半分ですから、それくらいの価格でこだわりの品物を選びましょう。

 

一都三県にて、ギフト専門会社がたくさんあります。そこでは、香典返しにぴったりの品物もラインナップされています。しかし、誰もがお葬式には不慣れですし、お返しに関しても無知です。だからこそ専門会社をおすすめします。

定番の品物ならば、年配の相手にも受け入れてもらいやすくなりますし、人気であるのならば、気の利いた品物という評価もつきます。ですが大事なことは気持ちです。相手に贈るため、お礼状も書き記したり、相手のお宅に訪問して手渡しすることもおこないましょう。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像