香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しをデパートとギフト専門会社で選んだときの違い

少子高齢化や核家族化などさまざまな社会変化を受けて、葬儀の形も昔とは違ってきています。

ですが、もしも家族だけで行なうのではなく参列者もいて、香典をいただいたのであれば香典返しを考えなければなりません。

葬儀社だけではなくデパートやギフト専門会社など選択肢が増えている分、それらを比較してどこを選ぶか考えましょう。

 

香典返しとは何か、商品券よりも品物がおすすめ

香典返しとは、その名の通り香典を頂いたことに対するお返しです。

お葬式という昔から続く儀式ですからタブーとされるものも様々あり、何を贈るか頭を悩まされることでしょう。

宗教的儀式のため肉や魚などの生き物を贈るわけにも行きませんし、おめでたい場で使われることの多い鰹節や昆布もあまりお勧め出来ません。

商品券や金券だと楽に準備できるのですが、それだと金額があからさまになってしまうので抵抗を覚える方もいるでしょう。

逆に商品券でお返しするのがしきたりとされている地域もあり、その地域のやり方を知り香典返しのマナーも調べた上で行ってください。

せっかくのお礼の品が、相手を不快にさせてしまっては意味がありません。

大切な故人が亡くなり悲しみがまだ癒えていない時期に行うのですから大変ではありますが、すばらしいお別れの儀式を執り行うことが出来たのは周囲の方々が香典という形でお手伝いしてくださったからこそ。

そのお礼は忌明けから1カ月以内には済ませたいところです。

このような諸々の作業に頭を悩ませ、忙しく走り回ることこそが悲しみを早く紛らわせるすべにもなるのです。

 

葬儀の合間に葬儀社で選ぶことも

もっとも手軽なのは、葬儀社にて返礼品を依頼するという方法です。

葬儀を執り行った地域だからこそ、そこでのやり方についてよく知っているでしょうから、安心して任せることが出来るのです。

葬儀の準備と同時に進めることが出来るので、たとえその時は大変でも、専門家と共にスピーディーに進められるのも利点です。

葬儀の場に皆さん来られて香典を渡してくださるのであれば良いのですが、人によっては後から自宅に弔問客として訪れる方もおり、そういった方々への返礼品も余裕を持って預けてくれていて使用した分だけを精算という形で対応してくれる葬儀社もあり、いつまでもお返しのことで頭を悩ませることがありません。

ただし、葬儀の方がメインのお仕事ですから、品数は少なく良い物が見つからないこともあります。

そして、あくまでサービスとして行っているのであれば割高になることもあります。

そうすると香典のお礼に見合うだけのものがお返しできず、双方に不満が残ることもあります。

品数の多さや額で考えるなら、やはりデパートやギフト専門店にお願いした方が良いのではないでしょうか。

 

安心感が得たいならデパートがおすすめです

それぞれの地域で、昔からある老舗の百貨店はありませんか。

そこの包装紙こそがブランドというような、特にお年寄りなどに好まれる、そういったところで返礼品を依頼するようにしましょう。

もちろん品数は豊富で何でも揃います。

品質もよく、無駄に手数料などが取られることもなく正規のお値段で取引してくれます。

デパートを普段使いにしているセレブな方も中にはいるでしょうが、ほとんどの方はちょっと背伸びして自身へのご褒美の品を買ったり贈り物選びに利用したりという使い方ではないでしょうか?

そんなところなのでお礼の品として送られてきたらきっと喜んでくれるでしょう。

本来では香典返しというのは先方のお宅に持参しご挨拶するのが正式ですが、忙しい現代人にそんな暇はありません。

その代わりとして添えるお礼状の数もさまざまな例文から選ぶことが出来ます。

掛け紙も用途に合ったものを添えてもらうことが出来て、何軒ものお宅の香典返しを取り扱ってきたプロ達だからこそマナーに則って送ってくれます。

だから安心して任せておけば良いのです。

その地域のデパートだからこそ、そこでのルールというのももちろん知っています。

 

ギフト専門会社に依頼することも出来ます

葬儀が終わってもお墓のことや、故人が住んでいた家の片付けなどやることはさまざまあります。

デパートにわざわざ行って商品を選んでという暇がないなら、現代人にピッタリの方法で香典返しの作業をしましょう。

インターネットを利用するのです。

それなら24時間365日いつでもどこでも利用可能です。

品物の数はデパート以上、無限大です。

ネットで検索すると、ギフト専門会社や仏事専門店・カタログギフト専門店などさまざまありますから、その中で予算に合ったものを選択し、良い品を選び出すようにしましょう。

のしやお礼状といったサービスも無料のところもあり、香典返しとしての体裁を整えることができます。

故人の財産についてはまだ整理途中というなら、葬儀を行い香典はいただいたものの、それでお金がカツカツになっていたりしませんか。

決済をクレジットカードで複数回払いにすればたちまち高額費用がかかるわけでもなく、ゆっくりと返すことが出来ます。

複数の送付先に送るというときにも、メールに必要事項を添付して送れば後処理はすべてやってくれるというところが多いので、手間はかかりません。

 

デパート・ギフト専門店のデメリットとは

葬儀社だと商品数の少なさや金額の面で問題がありましたが、デパートやギフト専門会社に関してもデメリットがないわけではありません。

たとえばデパートの場合、近場におすすめのお店が無い場合もあります。

最近ではわざわざ行かずともネットで注文できるため、もちろん全国区で有名なところにしても良いのですが、それだとその地域のルールを考えてはくれないでしょう。

それはギフト専門店でも同じこと、自身で年配者や両親に聞いてルールを調べるか地域で長年やってきているところを探さないと、一般的なルールに基づきやっていたことが不快感を与える原因とならないとも限らないのです。

相手が自分の好きなものを選ぶことが出来るからとおすすめのカタログギフトも、ハガキを出すのが面倒だったりそのような暇がない方だと使われないままに期限が過ぎて、結局お礼が出来ずに終わることもあります。

インターネットのなかには悪徳業者も紛れ込んでいるため、どこを選ぶかも重要になります。

注文をして届くまでに数日かかること・現物を見ることが出来ないままに相手に送られていってしまうなどもデメリットです。

 

感謝の気持ちを香典返しで表しましょう

お返しは、頂いた金額の3分の1から半額程度が目安となり、一万円頂いたのであれば五千円程度というわけです。

ただ、忙しいからといってとりあえずカタログギフトにしよう・飲み物や乾物やタオルにしておこうと片手間に済ましてはいけません。

故人のために集まってくださった方々ですが、故人が亡くなった今後も自分たちを支え助けてくれることでしょう。

忙しい中で来てくれただけでもありがたいことです。

本来なら一人ひとりに品を持っていき今一度お礼を言いたいところですが、その代わりとして気持ちを送るのですからそのことを肝に銘じて選ぶようにしましょう。

タブーを避け、その地域のルールに則って行うのは当たり前のこと、更には一人ひとりに何が良いのか考えながら、その上でどこを利用するのが良いのかメリット・デメリットを踏まえて考えてみましょう。

選択肢が広がったのは大変さもありますが、わざわざ行かなくとも自宅で選べたりいろいろな商品の中から決められたりといった良さもあります。

とにかく送られた相手が喜んでくださったら、きっと故人も喜んでいるはずです。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像