香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しの辞退の仕方とは?

近年、喪主への配慮から香典返しを辞退するお葬式の参列者が増えてきています。でも、それをやろうと考えていても、実際にどうやればいいのか分からずに戸惑ってしまう人は少なくありません。

ここでは、それをする目的なども触れつつ仕方を述べていきます。

 

香典のお返しを遠慮する理由について

香典返しには、日用品や消耗品、さらにはカタログギフトなどいろいろあって受け取って損はないはずです。それなのに辞退する人が増えているのには、もちろん理由があります。

そもそも、なぜ香典があるかといえばお葬式には多大な費用がかかってしまうため、喪主はただでさえ家族を失った悲しみにいる中、金銭的な負担をかけるのは辛いものです。参列者がお金を持ち寄ってその金銭的負担を減らそうというのが香典です。

そして、喪主は四十九日の法事が終わった後に香典の感謝の意を込めて品物を贈るのが香典返しとなります。一般的には品物の相場は「香典の半返し」といわれており、香典の金額の約半分のものを品物で贈ることになるわけです。

ここで、金銭的負担を減らすために香典でお金を包んだのに、そのお返しで金銭的負担をさせるのはおかしいと、不思議に思った人がいるはずです。つまり、それが香典返しを辞退する理由となるわけです。

特に、故人の親類や上司などは香典に多額の金額を包むことが多いですが、そこに「香典の半返し」をするとなるとその負担は少なくありません。そのため辞退される人の多くは親類や上司などが多いのです。

もしも、喪主への負担を減らしたいと思うのならば、香典のお返しを遠慮することを伝えることをおすすめします。また連名で香典を出す場合は1人当たりの金額が少額であるため、一般的にはお返しをする必要はないとされています。でも、しなくていいといっても、香典を受け取ったのだから何かしらのものを返さないといけないと不安にかられてしまう喪主もいます。

ただでさえ、遺族は家族を失った悲しみの中にいるため、あまり精神的なストレスをかけないよう気を配る必要があるのです。そのため、連名による少額の香典であっても、お返しを遠慮する意思を伝えておく人も少なくありません。

ここで勘違いしてはいけないのが、辞退するのは香典を包んだ人であって、特殊な事情がないかぎり喪主などで香典返しする人がお返しするのを辞めるということはありません。喪主が勝手に判断してお返しをしないというのは参列してくれた人への失礼に値するので控えたほうが良いでしょう。

 

お断りする3つのパターン

では、具体的にどのようにしてお返しをお断りすればいいのでしょうか。基本的には、喪主にその意思を伝えるだけでいいのですが、そのタイミングは大きく3パターンあって事前に知っておく必要があります。

まず1つ目のパターンとして、お葬式やお通夜など参列する当日です。会場の入り口で受付をしてそのときに香典を渡すのが一般的ですが、そこで受付の人に告げるだけで完了となります。受付の人はその旨を記帳して、喪主に伝わることとなるのです。ただし、受付で伝えるのが難しいケースもあります。

例えば、宗派や会場によっては受付に人がおらず供養するときに香典を渡すところがありますし、受付があっても周囲の人々の視線が気になって申し出にくいときもあります。お返しを断った断ってないで周囲との人間関係に歪を及ぼす可能性がでることを控えたいと考えるわけです。

そして、2つ目のパターンとして、これも参列の当日ですが香典袋にお返しを遠慮する意思を書いておく方法です。お葬式に参列しているときには遺族は故人を偲んでいるときなので口頭で伝えるのは不謹慎に当たりますし、心ここにあらずで上手く伝わらないこともあります。しかし、香典袋に書いてあれば、後日開いたときにその意思を受け止めてくれるのです。

ただし、香典袋のどこに書いても良いかといえばそうではありません。外側に書いてしまうと、それが他の参列者にも見えてしまい嫌味に感じさせてしまう可能性もあるので控えなくてはなりません。基本的に香典袋に書く場所は、中袋の裏面の左端となっており、書く内容もすごく簡素で十分です。

また、一筆箋を香典袋に入れておく方法もあります。一筆箋とは5~6行の短い便箋のことで、喪主の名前とお返しを遠慮する内容と差出人の3つを書いておけば大丈夫です。

香典袋に名前も書くため、一筆箋に差出人を書き忘れてしまう人が少なくありませんが、香典袋と一筆箋がバラバラになると誰がお返しを遠慮しているのか分からなくなってしまいます。そのため、差出人の名前は忘れずに書いておく必要があるでしょう。

最後の3つ目のパターンとして、これも紙面による方法ですが、お葬式の後日に手紙で伝えるやり方です。そもそも、香典は四十九日の法要が無事に終わったことを参列者に知らせる役割もあります。基本的にはお葬式から四十九日までに喪主に伝えておけば大丈夫となりますが、香典は業者に委託して個々人の参列者に配送されるケースが多いです。そのため、配送される前に伝えておく必要があるため、なるべく早めに遺族には伝えておいたほうが無難でしょう。

では、どのような方法で伝えるのが良いのでしょうか。電話で伝える方法も決して悪いとはいいませんが、お葬式が終わった直後の遺族はお葬式の片づけや故人の私物の整理、そして、遺族自身の心の整理などで大変な時期でもあります。

そこに電話をかけて受諾したとしても、その多忙さから忘れてしまって、香典返しが贈られてくる可能性もあるでしょう。そのため、手紙をしたためるのが一般的となります。

遺族の心が落ち着いたときにその手紙に目を通してもらえますし、紙面で残っているため記憶から抜け落ちてしまうという心配もなくなります。手紙ならばより確実に、そして、遺族の負担がかからないように伝えることができるのです。遺族のタイミングで読んでもらうことができるため、参列した翌日にでも手紙を郵送しても早すぎることはありません。

 

辞退されたときの喪主の対応について

香典返しを辞退されたと分かったら喪主は何もしなくて良いのかというとそのようなことはありません。先ほど述べたとおり、香典には四十九日の法要が無事に終わったことを伝える意味も込められています。お返しを遠慮したから法要が無事に終わったか分からなくなるという事態は控えるべきでしょう。

そのため、連絡する必要がありますが、電話よりも手紙か直接会うのが良いでしょう。ここでお返しを遠慮しておいて手紙を送って大丈夫なのかと心配される人もいます。そもそも、喪主の金銭的な負担を減らすための配慮であるため、手紙を送ることは何ら問題ではありません。手紙には参列してくれた感謝や法要が無事に終わったことを書いておきましょう。

直接会う場合は、簡単なお菓子などを持参するのも良いでしょうが、金銭的負担を減らすために遠慮したのですから高額なものにならないよう注意が必要となります。

 

このように、香典返しは喪主の金銭的負担や精神的なストレスをかけないようにするため遠慮する意思を伝えるケースが少なくありません。その方法としては、受付の人に伝える、香典袋に書いておく、後日手紙で伝えるなど大きく3つのパターンがあります。

そのときに応じた対応を選ぶようにするのが良いでしょう。そして、遠慮されたことが分かった喪主は、四十九日の法要の後には無事に終わったことを伝えるため、手紙や直接会って感謝を伝えるようにしましょう。

 

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!