香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しは親族への対応はどうすればいい?

お通夜やお葬式に参列された方からお香典やご霊前を受け取りますが、喪主は参列者に品物を贈ります。それをお香典返しと呼びますが、忌明け法要が無事に終わったことを告げるとともに参列したお礼となります。

ただ、一般の参列者と親族ではお返しするマナーが異なるケースも多くどのようにすればいいのか戸惑う人は少なくありません。

 

しきたりや風習に倣うことが大切

親族のお香典返しの対応について考えるには、まず親族へのそれが必要なのか不必要なのかを考える必要があります。何故ならば、お葬式やお通夜というのは地域やその家のしきたりや風習によって大きく異なることがあるからです。

特定の地域では、親族に対しては相互に協力し合うという気持ちから、必要としないケースも少なくありません。仮に送るとしても粗品で済ませるというところも多いようです。そのようなところで、もしも豪華がお返しをしてしまうとどうなるのでしょうか。

相手にプレッシャーをかけてしまったり、人によっては何かの嫌がらせではないかと悪いほうに捉われてしまうことも考えられます。その家のしきたりに反するとしたら、それだけで嫌がる人もいるほどです。

また、宗教宗派によってはお香典そのものがないところもありますが、そもそもお返しするお香典がないため、当然お返しを用意する必要はありません。そのため、親族に対してはどのように対応するかはお返し前に把握しておく必要があるでしょう。といっても、知らない人は当然知らないですし、ネットなどで調べても家系や地域の話なので分かることはありません。

そのため、家族の誰かに聞いてみるのが一番です。一番ポピュラーなのが親に訊くことが多いですが、すでに他界されていたりする場合は、その家系で一番年配者にお伺いするのも悪くありません。身上の方に訊ねることを躊躇ってしまう人が少なくありませんが、身上に相談することはその人の立場をたてることにもなるので、決して悪いことではないでしょう。

逆に、下手に身近な人同士で話し合って決めてしまうと、齟齬が生まれるケースもあるほどです。そして、その訊ねたうえでどのようにお返しするかを決めていけば、お香典でのトラブルを未然に防ぐことができます。

ただし、お葬式の後はいろいろとドタバタと忙しく動き回ることも多く、なかなか訊ねるタイミングが取れないことも多いですし、お葬式の最中に訊ねるのは不謹慎となってしまうため控えたほうが良いでしょう。

喪主を務める以前に地域や家系の冠婚葬祭についての習慣のことを知っておくのも無難だといえるでしょう。その知る方法としては、お香典返しについていえば、別の親族のお葬式でのお返しをきちんと把握しておくと後々にその情報が活きてきます。

つまり、今までしてくれたことがその地域・家系のしきたりや風習であるということであり、それを真似るようにすれば失敗しなくなります。また、仮にお返しをしない風習だとしても、何もしないで良いというわけでもありません。

最低でも、手紙や電話で参列してくれたことのお礼をすることは大切で、もしも、ご近所に住んでいる場合はその家に足を運ぶのも良いでしょう。しきたりや風習をただなぞるのではなく、大切なのは気持ちを伝えることであることを忘れてはいけません。

 

風習がない場合は半返しが基本

地域や家系のしきたりや風習があれば、それに倣えばいいのですが、そのような風習がないところも決して少なくありません。その場合はどうすればいいのでしょうか。まず、それを考える前に一般的なお香典返しについて知っておいたほうがいいでしょう。

一般的な相場として、お香典の2分の1から3分の1の金額の商品を贈るのが良いとされており「お香典の半返し」と呼ばれています。そして、親族に対しても基本的にはそれに合わせてお香典返しをすることになります。

ただし、身近な家族や目上の方の場合は、お葬式にかかる負担を減らしてもらおうと一般の参列者よりもお香典を多く包むケースが多いです。せっかく喪主への負担を減らそうと多く包んだのに、その半分近くのお返しが返ってくるのは逆に気を遣わせてしまいかねません。

また高額になってしまうため、遺族の負担となってしまうことも考えられます。そのため、多く包んでくれた人には、3分の1から4分の1程度と控えた金額で良いとされています。結局のところ、他の参列者とのお返しとほとんど金銭的に大差がなくなるため、一緒に考えるケースが多いようです。

でも、多く包んでくれた気持ちに寄り添う必要がありますし、故人が生前にお世話になったお礼もしなくてはなりません。直接会ってお礼を申し上げるか、遠くにいる場合は手紙をしたためるくらいの特別な配慮はされたほうが良いでしょう。

 

お返しに贈るベストな品物について

先ほどはお香典返しを金額面で述べましたが、基本的には金銭ではなく品物でお返しするのが一般的です。一般の参列者に対しては画一的な品物でポピュラーな品物で贈れば良いでしょう。ここでいうポピュラーな品物とはコーヒーやお茶や調味料といった日常的な消耗品、寝具やタオルといった日用品などが挙げられます。これを親族に贈るのも決して悪くはありません。

しかし、親身にしてくれた人にはそれ相応の対応をしても良いでしょう。贈る相手の好みや体質などに配慮した品物を選ぶわけです。例えば、お酒の飲めない体質の人にビールを贈るのは似つかわしくありませんし、コーヒーが好きな人ならそれを贈るのがピッタリです。

一方、贈る相手やその家族に病気を抱えているならば、健康志向の品物を贈ると同じ金額のものでも喜びを増してくれるでしょう。このように相手のことを考えて品物を選ぶようにすると、より良いお香典返しとなります。ただ、故人がお世話になった人だとしても遺族との面識が少なく相手の好みが分からないということは決して少なくありません。

その場合は、カタログギフトを贈るのも選択肢の1つとして最適だといえます。近年では具体的な品物を贈るのではなくカタログギフトをお香典返しに贈るケースが増えてきており、それが失礼に当たることはありません。カタログギフトは、金額のランクに合わせたカタログが相手に届けられます。

受け取った人がそのカタログの中から好きなものをセレクトして取り寄せることができるため「洗剤の備蓄があるのにお返しが洗剤でガッカリ」といったことを防ぐことができます。

また、先述したように地域や家系によっては、お香典返しのしきたりや風習があり、お返しの品物もお酒やお茶などと具体的に決まっているケースもあります。その場合は、そのしきたりや風習に倣うようにしましょう。

 

親族へのお香典返しの金額や品物は、その地域や家系のしきたりや風習に倣っておこなうようにするのがセオリーとなります。しかし、それが分からないときはその家系の年配者などに訊ねるのが良く、また、事前に他の葬式でのどのようなお返しがあるのかチェックするのも良いでしょう。

そのしきたりや風習がない場合は、基本的には一般の方と同じようにお香典の半返しとなりますが、高額なお香典を包んでくれた方には3分の1から4分の1程度に控えたほうが良いでしょう。そして、親族の中でも近親者や故人が生前に親しくされた人にはお返しだけでなく、特別に挨拶をしておくことをおすすめします。

 

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像
記事一覧