香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しの挨拶状とは?正しい書き方を知っておこう

葬儀などで香典をいただいた場合、そのお礼の品物を渡すのが慣例となっていますが、品物だけでなくそこに挨拶状も付けるのが基本です。

では実際に挨拶状を書く場合、どのようなルールがあるのでしょうか、また気をつけておくべきマナーはあるのでしょうか。

 

喪主や遺族がお返しの品を持参する代わりに

葬儀の際、香典を受け取るとその金額に合わせてお礼の品を用意し、さらにそこに挨拶状を付けるというのが慣例となっています。

とはいえ、最初から香典返しをする時に挨拶状がついていたわけではなく、もともとは喪主や遺族がお返しの品を持参して挨拶していました。

しかしなかなか持参することが難しいなどの理由から、現在では配送を利用する人が増えており、その挨拶として挨拶状もそえるのが一般的となっています。

また、現在では香典返しをしないというところもありますが、その場合でも香典を受け取ったら挨拶状を送って気持ちを伝えるというのがマナーとなっているので注意しましょう。

また、送るタイミングとしては仏式の場合は故人がなくなってから四十九日後、つまり四十九日法要が行われた後に送ります。

神式の場合は五十日祭、キリスト教式の場合は昇天記念日が忌明けの日となるので、その後送るようにします。

宗教によっても違っているので、その点について十分理解しておくとマナー違反とならずに済みます。

また、現在では後日送るのではなく、お通夜や葬儀の当日にお返しする即日返しをすることも増えてきています。

その場合も返礼品だけを渡すのではなく、あらかじめ用意しておいた挨拶状を添えて渡すというのが基本なので、その点に注意しましょう。

 

まずは内容がどのようになっているかを確認

香典返しの挨拶状には一般的に感謝の気持ちや忌明けの報告、さらに略儀に対するお詫びなどの言葉を書き記します。

奉書で用意しても良いのですが、現在ではカードタイプを選ぶ人も増えているので、書く内容に合ったものを選びましょう。

まず奉書自体は正式なものとして扱われており、実際に封筒に入れる時は軽く巻くようにしてから入れます。

手軽なのはカードタイプ、それ以外にもハガキのタイプを選ぶこともできるのですが、これは奉書に比べると簡略化した感じがします。

ただ、気軽な印象を与えますが、受け取った方としてもすぐに読むことができるというメリットもあります。

だから現在ではカードタイプ、もしくはハガキタイプを選ぶ人がほとんどとなっているので、迷ったらこちらを選ぶと良いでしょう。

横書きで書くこともできないわけではありませんが、基本的には縦書きで書くというのも合わせて覚えておくと良いです。

内容としては、まずは頭語を書きますが、その場合は拝啓、謹啓などが適しているので、どちらかを選ぶと良いでしょう。

次に書くのは会葬に対して、もしくは香典をいただいたことに対するお礼の言葉です。

さらにその次に忌明けの法要が終わったということを報告したら、香典返しとして品物を送ったということを伝えます。

また、本来は直接持参すべきですが、略儀で済ませることに対するお詫びの言葉を書いたら、結語、さらに日付、差出人この場合は喪主などの名前を書きます。

ちなみに、頭語を書いたら必ず結語も書くようにしますが、頭語を書かなかった場合は、結語を書く必要はありません。

ただどちらかだけ書くというのは文章としてもあまり統一感がないので、頭語と結語を入れるか入れないか統一しましょう。

 

実際に書く時に知っておきたいこと

実際に書く場合は、その内容にも気を配る必要がありますが、それ以外にもいくつか注意しておくべきことがあります。

その一つが通常の手紙の時には利用している句読点をできるだけ使わないようにすることです。

なぜ句読点を使わないかというと、もともと書状には句読点をあまり利用してきていなかったというのが大きく関係しています。

また句読点自体は確かに読みやすくなるので利用するメリットはありますが、文章が途中で区切られてしまいます。

そこで葬儀や法事が滞りなく、つまり区切られてしまうことなく済むようにということから、文章も区切らないように句読点を利用しません。

もちろんただ単に文章を読む力がある人に対して、敢えて句読点を利用して読みやすくすること自体が失礼に当たるという説もあります。

そのため、一般的には句読点などを利用することはなく、文章を作る際は適宜スペースを活用して読みやすい文にするのが一般的です。

ただ、自分で全ての文章を書くとなるとなかなか何を書くべきなのかわからないということも決して少なくありません。

また、普段利用している言葉で書いてしまうと、時には重ね言葉を使ってしまうことも十分ありえます。

重ね言葉自体は日常会話で利用する場合は全く問題ありませんが、この場合、不幸が重なるということから忌み言葉となっているので気をつけましょう。

もちろんそもそも敬語があやふやで、変な日本語になってしまうということも十分ありうるのではないでしょうか。

そんな時は無理に手書きでなんとかしようとせず、テンプレートを上手に活用するという方法もあります。

これなら既にある程度の形が出来上がっているので、あとはそこの空いているスペースに色々と言葉を埋め込むだけで簡単に作成できます。

この方法なら言葉遣いなどを誤ってしまうということもないので、マナー違反となってしまうこともないでしょう。

もちろん、文章を作るのが苦手だという時だけでなく、手書きで1枚ずつ書いている時間が足りないほど沢山の香典をいただいた時もテンプレートで作成して良いでしょう。

実際に香典返しをする場合、送る側としてはどんな品物を送るべきか、その物の方に意識を集中しがちです。

しかし実は何を送るか、その品物が何かということよりも、挨拶の方がより大切だということを理解しておきましょう。

 

通夜や告別式の時に参列者から香典をいただいた場合、その金額に合わせてお返しをするのが香典返しです。

またその際にはただ品物を渡すのではなく、挨拶状をそえるというのが一般的なマナーとなっているので理解しておきましょう。

奉書だけでなく、現在ではカードやハガキのタイプを送る人もいますが、どのタイプを選んだとしてもできれば縦書きにしておくと良いでしょう。

そこには会葬や香典に対するお礼、略儀に対するお詫びの言葉などを書き記しておくのが基本となっています。

なぜ略儀に対するお詫びをするかというと、本来香典返しは喪主や遺族がその品物を持参してお礼の言葉を述べるというものだったというのが理由です。

しかし現在ではさまざまな理由によって配送を選ぶ人も少なくないため、直接行ってお礼を言わないことに対するお詫びの言葉を書きます。

また文章自体は確かに句読点を利用する方が読みやすくなる場合もありますが、句読点はできるだけ利用しないようにしましょう。

さらに、文章を書くときは頭語を使った場合は結語も使いますが、頭語を使わないときは結語も使わないようにします。

このような点に気をつけ文章を作成しますが、自分ではよくわからない場合はテンプレートを利用する方法もあります。

これなら空いている部分に必要な内容を入力するだけなので、簡単に作成できるだけでなく、言葉の誤りなども起きにくいからです。

このようにして作成した挨拶文は、四十九日や五十日祭、昇天記念日など忌明けした後に送るようにしましょう。

また香典返しをしないという時でも、必ずお礼の言葉を伝えるために挨拶状を送っておくというのが基本です。

 

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!
マルサン商会の画像