香典返しに評判!【東京・埼玉・千葉・神奈川エリア】の方におすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップ

葬儀屋とギフト専門会社で頼んだ場合のメリットとデメリット

葬儀の際にはお通夜などで香典を頂く場面がありますが、香典返しは欠かせないものです。

その品物探しには利用した葬儀屋に依頼することの他にもギフト専門会社で購入する方法に分けられます。

それぞれにはメリットやデメリットがあるので、細かい部分にまで目を向けてみると、自然と最善策を見出すことができます。

マナーの中でも大切な品物になるので、安易に考えずに十分に配慮することも必要なことです。

 

そもそも香典返しとはどのようなもの?

ご家族などがお亡くなりになってしまうと、葬儀を行うことが通例です。

家族葬など簡単に済ませることも今では増えているものですが、お通夜や葬儀に多くの参列者を招くような葬儀では、香典を頂くことも古くから行われている慣習です。

この香典は全てを受け取るのではなく、後から香典返しを行うことが常識とされています。

この香典返しは元々、忌明け当日から1ヶ月以内を目安にして返礼品としてお返しすることが前提です。

現在ではこの仕来りは異なるケースもあり、例えばお通夜に香典を受け付けで渡した際に、その場で香典返しの品物をお渡しするという、いわゆる当日返しを行うことも増えていることは実情です。

以前は受け取った金額により返礼品の額面が変わっていたこともありますが、当日返しなどのタイミングでお渡しする際には、一律として同じ返礼品を渡すことが多いようです。

受け取った参列者の方はお通夜や葬儀が終わると、返礼品を自分で自宅に持ち帰るという場面が増えていることになり、簡素化されていることも事実です。

葬儀を行うご遺族側は香典返しに選ぶ返礼品を失礼に当たらないように準備しておくことも大切なことです。

 

一般的に利用されることが多いアイテムとは?

香典返しでは一般的に多く用いられてきた返礼品というものがあり、お茶や珈琲、海苔や乾物、クッキーや和菓子、タオルなどの雑貨類も人気がありました。

このような返礼品は基本的に軽量で長持ちするものが一般的です。

お渡しする相手側のことを気遣って選ぶことが最も大切な要素になるので、持ち帰る際に重たいものや大きなものでは不都合が出てしまいます。

また、食品に分類できるものは賞味期限が長いものが好まれている実情もあり、1日や2日で賞味期限が切れてしまうものは避けることも普通のことです。

大きさも肝心になり、例えばタオルを選んだとしても、大きなバスタオルの場合では持ち歩く際に邪魔になってしまう可能性もあるので、比較的コンパクトな形状のものが好まれているといえるでしょう。

現在では香典返しに選べるアイテムは多岐にわたっていて、以前のような慣例などの枠を超えたものも利用できます。

少しでも参列者の方々に喜ばれるアイテムを探すことにより、参列者の方々に感謝の気持ちを十分に伝えることができるものです。

一般的に古くから用いられてきた返礼品でも勿論通用しますが、深く考えてアイテム探しをしてみることも間違いではありません。

 

葬儀屋に簡単に依頼する方法も行われています

葬儀を挙げる際には葬儀屋に依頼することになり、ご遺体の移動から棺桶や祭壇の準備、司会や運営を全て任せることができます。

一連の流れを葬儀屋の場合では当然ながら熟知しているので、急な訃報であっても十分に対応していることが基本です。

香典返しを用意する必要性がある場合でも、葬儀屋に任せることは可能です。

このケースで感じられるメリットとして、まずワンストップで同じ会社を通じて依頼できることです。

葬儀会社では出入りしている専門会社があり、その会社によって返礼品の数々を仕入れできる環境にあるので、スマートに準備できるという利便性はあります。

特に急な訃報の場合では直ぐに準備する必要があり、時間を費やすことができないというケースもあります。

葬儀会社に任せると緊急時でも返礼品を準備できるので、機動性の良さをメリットにすることができます。

逆にデメリットに感じてしまうこともあり、このような出入りしている会社の場合では、会社によって違いはありますが、選択肢が狭くなることが多いものです。

ありきたりな品物に限定されてしまう可能性があります。

そのため、アイテム探しを完璧にしたい方には向いていないという場合もあります。

 

専門にしている会社も利用できます

もしも、香典返しをするタイミングに多少の時間的余裕がある場合では、ギフト専門会社を利用する方法も現在では人気があります。

メリットは取り扱っているアイテム数がかなり多く用意されていて、商品のジャンル別に選ぶことの他にも、金額で選ぶことも自由です。

従来型の専門会社を利用するよりも、新しい感覚の返礼品を沢山用意しているので、参列者の方々の年齢層に合わせてみたりすることも自由な環境があります。

参列者によっては何度も葬儀に出掛けている経験を持つ方も存在しています。

返礼品についても何度も受け取っている人の中には飽きが来ている方も少なからず存在します。

このような際にもギフト専門会社では常に新しいアイテムを提供しているので、時代の流れや季節的な部分にも柔軟に対応できるメリットは魅力的です。

デメリットに感じるところでは、お金の支払いを挙げることができます。

葬儀店でのワンストップでは無いので、葬儀代の他に、別途自己費用を支払って自ら購入しなければなりません。

また、依頼するアイテムやその個数によっては納品までの時間が多少掛かってしまう可能性もあります。

 

葬儀屋とギフト専門会社ではどちらが良いのでしょうか?

香典返しのアイテム探しには葬儀屋とギフト専門会社の2択とすることができますが、利用先について迷っている人は最善策を把握することが必要です。

参列者が少なく比較的高齢者の方が多いような葬儀では、葬儀屋に任せることで簡単に相応しいアイテムを注文できます。

一方で沢山の方が参列し、年齢層も幅広いようであれば、ギフト専門会社を利用することで最適なアイテム探しを行える環境があります。

価格の内容で比較することもできます。

葬儀屋に依頼をする方法では、中間マージンが発生しているので、多少高めの単価になることが基本です。

数が少ない場合ではそれほど気になることはありませんが、沢山の数を必要とする場合ではギフト専門会社の方が単価を抑えることができます。

直販として販売をしている会社も利用できるので、予算的な部分で負担を減らすことを希望するならば、ギフト専門会社を利用するメリットは魅力があります。

品質にこだわりを持つ方の中には、地元の名産品などを利用したいと考えることも想定できます。

このケースでは地元の葬儀屋に依頼をすると全国共通ではなく、その会社しか取り扱っていない地元の商品を利用できる可能性はあるので、細かい内容までチェックすることが良い方法です。

 

現在ではインターネットを利用すると便利です

香典返しを完璧にしたい方のケースで、尚且つ時間的にある程度の余裕を持っている場合では、ギフト専門会社を利用することに沢山のメリットを感じることができます。

わざわざ専門店に出掛けることなく利用することができ、インターネットを使うと非常に簡単です。

ネット上には専門会社が通販サイトを用意しているので、パソコンやスマートフォンからでも簡単に注文できます。

このようなギフト専門会社では、予算や商品の種類に合わせて絞り込みを行える機能を持たせたサイトがあります。

簡単に最適に感じるものを探すことができ、その選択肢も非常に豊富なので今までに無いような素敵な香典返しのアイテムを見つけることができます。

掛け紙やラッピングにも対応していて、注文から発送までの時間もかなり迅速対応しているサイトもあるので安心して利用できる環境です。

定番品以外でもカタログギフトを独自に販売しているサイトも見つけることができることも魅力的です。

サイトを利用する方法では24時間いつでも注文できることに利便性を感じられます。

急な準備でも夜間から早朝にかけての時間でも問題なく対応しているので、アイテム探しに費やせる時間を長くできることも付随している特徴です。

サイト内検索
ギフト専門会社ランキング!