香典返しにおすすめのギフト専門店ランキング!葬儀や冠婚葬祭時の利用に人気のショップの口コミや評判をご紹介!

香典返しにおすすめのギフト専門会社ランキング!

初めての喪主の初めての香典返し

東京都在住の管理人・ひろしと申します。

父を亡くし、50歳を迎えて初めて「香典返し」をする機会に直面しました。

最初は葬儀屋さんに薦められた業者さんにお願いしようと思っていたんですが、しっかり者の伯母が「葬儀屋さんのお香典返しは結構お高くつくわよ」と耳打ちしてくれたため(笑)やめました。

つぎに「じゃあ、○○デパートで頼もうかな」と言うと、今度は母が「この間、知り合いが香典返しを故人の希望でデパートで頼んだら、すごくお金が掛かったと言ってたよ」と反対されました。

叔父が言うには「餅は餅屋で香典返しのギフト専門店があるからそこで頼め」と。

みんな何もしないくせに言うことだけは言いますね(笑)。

叔父は会社で冠婚葬祭関係を長年担当していたので、信用してネットで調べてみるとなるほどリーズナブルで見栄えのする香典返しが並んでいました。

しかし、いかんせん情報が少ない。

そこで、苦労して集めた情報を基に、みなさんに向けて「おすすめのギフト専門会社」をランキング形式でまとめてみました。

わたしと同じ境遇の方もたくさんいらっしゃると思うので、少しでも参考になれば幸いです。

香典返しにおすすめのギフト専門会社ランキング一覧!

株式会社つばさギフトの画像
クオリティと対応のよさ、そしてコスパが良好

東京神奈川、そして埼玉千葉エリアを中心に展開しているギフト専門会社の中で私がランキング1位に選んだのは、「株式会社つばさギフト」です。

「先様への感謝(真心)の気持ちを伝える」というそのモットーの通り、供花、お見舞いのお礼カード等の種類が多く、感謝の気持ちをしっかり伝えることが出来ます。

また、この業者の提供してくれるサービスというのはクオリティが高く、なおかつコスパ的にも優れたものとなっています。

営業一人一人が各地区を担当しており、お客様の都合に合わせてすぐに対面での打ち合わせを行ってくれるので、香典返し未経験の方に対しても丁寧にサポートを行ってくれます。

加えて、ギフト業界のパイオニア的な存在である「リンベル」の唯一の特約店であり、リンベルで扱っているカタログは全て手に入るという点も大きいポイントですね。

株式会社エクセルの画像
さまざまなカタログギフトで、行き届いたサービスを

2位にランクインしたのは、静岡県浜松市、埼玉県久喜市にて展開している「株式会社エクセル」です。

この会社の設立は2005年であり、資本金も100万円とやや小さめの会社ではありますが、ユーザーからの評判はよいようです。

株式会社エクセルでは、さまざまなカタログギフトを用意することによって、利用者のニーズになるべく幅広く応えようとしています。

名門ハーモニック社が提供する「テイク・ユア・チョイス」をはじめとし、「特選カタログ」や「特価品カタログ」等、バリエーション豊かなカタログが取り揃えられているので、好みのうるさい贈り先にも対応できそうです。

TMGコーポレーションの画像
三つの特徴をモットーに40年以上事業を運営

3位にランクインしたのは、埼玉県所沢市にある「TMGコーポレーション」です。

この会社の資本金は1000万円と比較的高く、また創業年も昭和52年ということで、香典返し業者の中ではそれなりに規模の大きな部類に入ります。

40年以上事業を続けてきたという点も、信頼性を重視される方からすればポイントが高いでしょう。

このTMGコーポレーションが公式HPで掲げているのが「三つの特徴」です。

いずれもギフト専門会社としては必須とも言えるぐらい大事な要素であり、こうしたことをしっかり守ってきたからこそ長年事業を続けられているのだなと感じさせられました。

また、スタッフの対応にも定評があり、親切な対応に好感を持った利用者も多数いらっしゃるようです。

東京ギフトセンターの画像
大手企業の代理店であり、信頼性が高い

※2019年4月現在、こちらの会社の公式HPにはアクセスできない状況となっております。


4位にランクインしたのは、「東京ギフトセンター」です。

この業者の所在地は東京都北区となっており、東京エリアにご在住の方にとっては利用がしやすいかもしれませんね。

この業者の最大の特徴は、「サラダ館」等で知られる通販、ギフト業界の大手企業「シャディ株式会社」の正規代理店ということです。

代理店とは言ってもこの業者の評判は決して悪くはなく、むしろ10年以上事業をずっと続けてきたということで、一定の信頼性があります。

商品のラインナップに関してはさすがシャディの代理店といった品揃えであり、選ぶのを迷ってしまうほど。

コスパに優れた商品から一流ブランドの高級品まで、さまざまなものがたくさん揃っています。

マルサン商会の画像
お客様のまごころを大切にする、創業70年の老舗企業

ランキングの最後となる5位にランクインしたのは、神奈川県横浜市都筑区に本社を持つ「株式会社マルサン商会」です。

この会社はギフト専門会社というよりは、仏壇仏具販売に霊園開発、斎場の運営を請け負う仏事関連の業者であり、その一環として香典返しをはじめとする贈答品サービスを行っているようです。

このマルサン商会が他業者と異なるポイントとしては、その実績と歴史です。

この業者は創業70年という、老舗といっても申し分のない歴史を持っており、長きにわたって関連事業を継続して展開しています。

仏事に関連した事業を同時に展開しているという点も人によっては利用しやすそうです。

仏壇や墓地といった葬儀後のあれこれといっしょに香典返しの依頼ができそうですね

1位は『株式会社 つばさギフト』さん!


いかがでしたか。

初めての香典返しに悩んだ新米(?)喪主の作った、「おすすめの香典返し・ギフト専門会社」ランキングTOP5。

1位には「株式会社つばさギフト」さんを選ばせていただきました。

つばさギフトさんは、2003年に創業。

わたしのように香典返し初心者(?)に対し、悲しみ、とまどう心に寄り添い、世間のしきたりや約束ごとなどを仏事お返し専門店として親身にアドバイスしてくれました。

つばさギフトさんはカタログギフト業界トップシェアを誇るリンベルの唯一の特約店

リンベルのカタログギフトを取り扱っている会社は多いんですが、実際に届いてみると簡易包装で熨斗かけが無いことがあるらしいです。

その点つばさギフトさんならば出荷管理までリンベルが行うので、リンベルの包装、リンベルの化粧箱など、デパートで高額を払ってリンベルのカタログギフトを購入するのと同じ状態の商品が届くんです。

2,800円~50,800円で一流ブランド商品、全国各地の特産品やグルメ、体験型ギフトまでさまざまなコースから選択可能。

一般的に香典返しはわたしのように初めての方が多いとか。

実際、選び方、商品購入後のフォローなど、何かと慌ただしい葬儀時にひとつひとつネットで調べることは非常に負担になりました。

つばさギフトさんであれば知識、経験ともに豊富な専門スタッフがサポートしてくれるので安心です。

注文後の商品数の変更に対しても、しかも後から1件の追加であるにも関わらず、快く引き受けてくれました。

また、四十九日や一周忌、その他の回忌に対するアドバイスもいただき、アフターフォローも万全に行ってもらえることもわかりました。

初めてでわからないことだからこそ専門スタッフがサポートをしてくれるのはうれしいポイントですよね。

以上のような理由で1位とさせていただきました。

2位以下もどこもすばらしい香典返し・ギフト専門会社さんですので、個別の記事をよく読んでいただき、お気に召した会社さんに依頼してみてください。

香典返し・ギフト専門会社TOP5を表にまとめました

さて、本サイトではおすすめの香典返し・ギフト専門会社を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の香典返し・ギフト専門会社で、取り扱いギフトの充実にも、無料サービスにも力を入れている会社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各香典返し・ギフト専門会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社つばさギフト株式会社エクセルTMGコーポレーション東京ギフトセンターマルサン商会
電話番号0120-935-2830120-329-0290429-43-2547
0120-20-57350120-433-355
営業時間
定休日
9時~18時
年中無休
9時~18時
年中無休
9:00~17:30
月曜定休
9:00~18:00
年末年始休業
10:00~18:00
年中無休
取り扱い
カタログ名
『リンベル』(唯一の特約店)ほか『テイク・ユア・チョイス』ほか『プレゼンテージ』ほか『シャディ』の正規代理店髙島屋の法人事業部販売委託契約店
特徴包装・化粧箱がデパート購入と同じ状態で届く16コースの中からお好みのカタログを選べる関東を中心に営業を行っている安心の有名店舗販売。
信用第一
創業70年。
仏事に特化した総合商社
強調ポイント経済産業省認可のギフトプライバシーマーク取得自身で選んだ品物を送る場合、別途カタログ用意
事業としては老舗にあたる専門業者創業20周年記念で有名ブランド品を割引挨拶状無料サービス
その他・ご挨拶状無料
・喪中ハガキ無料
・全国送料無料(一部有料)
『テイク・ユア・チョイス』特選カタログを格安で提供株式会社藤和からリニューアルした・香典帳からリスト作成
・全国送料サービス(一部有料)
喪中はがき無料
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したので、どちらも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきはサービスの違いや特徴といったところでしょう。

また、おすすめの香典返し・ギフト専門会社として、人気のカタログを取りそろえていることは大前提ですが、取り扱うカタログやお客さまへのサポートにも違いが見えるので、ご自身の希望や理想にあった香典返し・ギフト専門会社を選び、喪主としての役割を無事果たしていただければと思います。

気になる!香典返しの相場は?


わたしは本当に香典返しに知識が無く、初めは「どのくらいの金額をかけたらいいのか」すらわかりませんでした。

経験豊富な親族に聞いたり、ネットで検索したりした結果、「半返し」が相場ということがわかりました。

いままで香典を出すのも香典返しを受け取るのも妻に任せっきりであったことを反省…。

わたしは東京都の23区内在住なのでよくわからないのですが、地方によっては1/3返しなどもあるようです。全国的には半返しが主流になっているようですね。

また、地域に関わらず「1/3返しでいい」というケースも存在します。

それは、身内・親戚から大目の香典を受け取ったときと、一家の大黒柱を失ったときです。

これは「(身内を急に失い、または一家の大黒柱を失い)いろいろとたいへんでしょうから、少しでも(お金を)お役に立ててください」という、援助の気持ちが含まれているから。

この気持ちを無にしないように「半返し」でなく、「1/3返し」にする訳です。

はっきりいって喪主になってから、さまざまなしきたりを知り、「めんどうだなぁ」と思っていたんですが、この「1/3返しでいい」ってことを知ったとき、日本人独特の思いやりを感じて「いいなぁ」と思いました。

香典返しをするタイミングは?


どうやら香典返しは、四十九日法要を終えてから贈るのが正しいようですね。

そこそこ期間も空いていますので、いただいた香典の額をまちがいのないよう慎重に確認しましょう。

半返しになるよう、半額相当の商品を贈るのが正式です。

そのときは、商品にお礼状やご挨拶状を添付。

宅配便もしくは郵送で送付します。

葬儀に参列いただき、お香典を頂戴したことへのお礼はもちろんのこと、四十九日法要のご報告などを書きましょう。

お礼状やご挨拶状はせっかくなので、香典返しのギフト専門会社が通常行っている「無料作成サービス」を利用するのがおすすめですね。

でも、最近は葬儀当日にその場でお返しする「当日返し」が多いように思いませんか?しかし、当日返しの場合は香典の金額がわからない…。

だから香典額の相場である5,000円に合わせて一律で2,000~3,000円程度の商品をお渡しします。

しかし10,000円を頂戴した場合、半返しになりませんよね。

その場合は、四十九日法要のあとに改めて2,500円くらいの商品を追加で贈って、合計で半返しになるようにする訳です。

もちろん故人が恩人であったなど、特別な思いで10,000円以上の香典をいただいていたときは、その香典額に見合うように計算して半額相当の商品を贈ります。

香典返しとは別の御礼品も忘れないようにしてください。

葬儀や通夜の当日は「会葬御礼品」として500~1,000円くらいの商品、お茶・海苔・ハンカチなどを、お清めのお塩と共に参列者にお渡しします。

会葬御礼品はあくまで葬儀や通夜に参列してくださったことへのお礼品。

ですから、香典返しの金額には含めずに考えるのが通常です。

香典返しはカタログギフトが人気


香典返しはわたしがこどもの頃などは、お茶や海苔、調味料、少々高いものでもタオルや寝具のシーツ・毛布など、当時「どの家庭でも必要」とされる商品が主流でしたよね。

でも個々の好みが細分化した昨今、「自分の好みに合うものがほしい。

不要なものをもらいたくない」のが本音。

どの家庭でも必要とされていたこれらも、ひとによっては「余っている」「このメーカーのは使わない」など、さして歓迎されない品物になってしまっているんです。

「じゃあ、いっそおしゃれでセンスのいいご贈答品を一律に贈るのはどうよ?」という意見も長女から出たのですが、センスで勝負できるほど、わたしも妻も気が利いた人間じゃないですし(笑)。

逆に増える一方なのがカタログギフト

若い頃、親宛に来た香典返しのカタログギフトは新鮮な驚きでした(笑)。

親が止めるのも聞かず、さっさと自分のほしかったブランド品の小物(何だかは忘れましたが)を注文したのをおぼえています。

そう、カタログギフトの香典返しは「自分のほしいものがもらえる」というのが最大の魅力!

しかし、インパクトはあったものの、むかしの香典返しのカタログギフトはそれほど魅力的ではなかったですよね。

しかし、最近のはいいものがたくさんあります。

妻に任せっきりにしていた間に(申し訳ない)ものすごく進化していたことが判明しました。

『リンベル』『シャディ』『ハーモニック』など、わたしも「これほしい」と思うような商品がいくつも掲載されていました。

そしてそれはほんの一端に過ぎませんでした。

いまどきのカタログギフトはここまで進化している!


人気のリンベルのもっともお安い価格帯のカタログ「ディオコース」を見てみましょう。

これは商品本体が2,000円でシステム利用料が800円のコース。

それでも『デメル』『ヨックモック』『ブールミッシュ』などの有名ご贈答菓子や、各地の名産品、おしゃれな小物やアクセサリーが並んでいます。

そこより多少ランクアップすると『とらや』の羊羹、『千疋屋総本店』のジャム、『マリアージュフレール』の紅茶など、それぞれがウリとするようなキラーコンテンツもちらほらしてくるという…これはたまりませんね。

わかりやすいところでお菓子や紅茶なのですが、ほかにも驚きの商品が目白押しなんです。

おせちや海老・蟹、ワインやシャンパンなどの高級食品は序の口。

『ディズニー』『ユナイテッドアローズ』『レイジースーザン』などのブランドとのコラボなどは、リンベルのカタログでしか購入できない希少な商品。

その他、人気高級ブランド品、人気電化製品、果てはお店でのお食事や旅行など、体験型ギフトまで!いやぁ、おどろきました。

せひ一度、ご自身で検索されてデジタルカタログなどご覧になってみることをおすすめします。

「こんなのほしい!」がいっぱいでクラクラしますよ(笑)。

自分で選ぶより「センスのいいカタログギフト」を選ぶというのが賢い選択と言えるかもしれません。

カタログ以外によろこばれる品物を贈る方法


「やっぱりこちらの思いが伝わるように、品物を選んで贈りたい」。

そんな方もいらっしゃると思います。

そんなときもデパートや専門店に行かずに、香典返し・ギフト専門会社に依頼するのがおすすめ

同じ商品が、割引価格で用意されているからです。

同じ品物であれば、こちらがいくらで購入したか?は受け取る方々には一切関係ありませんよね。

香典返しは贈る量がお中元・お歳暮よりもずーっと多い。

ですから、香典返しは少しでもお安く購入すべきなんです。

質が劣るならともかく、まったく同じ品物ならなおさらです。

1位のつばさギフトさんなどは、デパートに卸している大手問屋さんから直接買い付けを行っています。

デパート品質の商品をリーズナブルに仕入れているので、わたしたちにも安く売れるという訳。

こうしたしくみを利用しない手はありません。

商品も人気ブランド、つばさギフトさんの地元・埼玉県狭山市ブランド品の狭山茶、趣味のいい高品質なファブリックやテーブルウェアなど、いまどきのみなさんによろこばれるような品物を取り揃えてくださっています。

きちんと予算を伝えれば、その範囲内で最高の品物を用意してもらえて、贈る上でのいろんなサービスやサポートもしてもらえるんですから、やっぱり香典返し・ギフト専門会社は利用しなきゃ損ですよね。

まとめ


■香典返しの相場

・現在は全国的には半返しが主流になっている

・「1/3返しでいい」場合もある

※「身内・親戚から大目の香典を受け取ったとき」「一家の大黒柱を失ったとき」は、援助の気持ちを無にしないように「1/3返し」にすること

■香典返しをするタイミング

・本来は四十九日法要を終えてから贈る。半返しになるよう半額相当の商品を贈る

※商品にお礼状やご挨拶状を添付。宅配便もしくは郵送で送付

※香典返しのギフト専門会社が行っている「無料作成サービス」の利用がおすすめ

・最近は葬儀当日にその場でお返しする「当日返し」が増加傾向

当日返しの場合は香典の金額が不明なので、香典額の相場である5,000円に合わせ、一律2,000~3,000円程度の商品を渡す

・10,000円以上の香典をいただいていたとき 四十九日法要のあとに改めて香典金額の半額相当になるように追加商品を贈る

・「会葬御礼品」は香典返しとは別計算。500~1,000円くらいの商品(お茶・海苔・ハンカチなど)を、清め塩と共に参列者に渡す

■香典返しはカタログギフトが人気

・個々の好みが細分化した昨今、カタログギフトが喜ばれる傾向。「自分のほしいものがもらえる」のが魅力

・最近のカタログギフトはものすごく進化している

・『リンベル』『シャディ』『ハーモニック』などが現代のニーズに合う商品を豊富に掲載

■いまどきのカタログギフトはここまで進化している!

・人気のリンベル もっとも安い価格帯のカタログでも見栄えのするものが並ぶ

・多少ランクアップすると知名度の高いブランドのキラーコンテンツも登場

・上級コースなら高級食品、ブランドとのコラボ商品、人気高級ブランド品、人気電化製品、体験型ギフトまでそろっている

・自分で選ぶより「センスのいいカタログギフト」を選ぶというのが賢い選択

■カタログ以外によろこばれる品物を贈る方法

・「こちらで品物を選んで贈りたい」ときも、香典返し・ギフト専門会社に依頼すべき。デパートと同じ商品が、割引価格で買える

・香典返しは贈る量が多い。香典返しは少しでも安く購入すべき

例)つばさギフト デパートに卸している大手問屋さんから直接買い付けなので安い

※商品も人気ブランドや趣味のいい高品質な品物を取り揃えている

・予算内で最高の品物を用意してもらえ、贈る上でのサービスやサポートもあるので、香典返しにはギフト専門会社は利用するのがよい

 

記事一覧

お通夜やお葬式に参列された方からお香典やご霊前を受け取りますが、喪主は参列者に品物を贈ります。それをお香典返し ・・・[続きを読む]
お葬式から四十九日の法要が済むと喪主は参列してくれた人に香典返しを贈るのが一般的となっています。参列者へのお礼 ・・・[続きを読む]
親戚や知人などから香典返しが届いた経験がある人もいるのではないでしょうか。その際、電話で連絡を入れるべきか迷っ ・・・[続きを読む]
会社から香典を送ってもらったというときに香典返しをするべきなのかどうかで悩んでしまう人もいるでしょう。 どのよ ・・・[続きを読む]
近年、喪主への配慮から香典返しを辞退するお葬式の参列者が増えてきています。でも、それをやろうと考えていても、実 ・・・[続きを読む]
亡くなった方への想いをこめて、霊前に供える金銭という意味を持つ「香典」。日本では長い歴史を持つ文化の一つとはい ・・・[続きを読む]
親しくしていた知人が亡くなった場合、すぐに駆けつけることもよくありますが、その時にお香典を持っていく必要はあり ・・・[続きを読む]
葬儀を行った際にいただいたお香典のお返しとしてカタログギフトを選ぶ人が増えているようですが、品物ではないという ・・・[続きを読む]
葬儀などで香典をいただいた場合、そのお礼の品物を渡すのが慣例となっていますが、品物だけでなくそこに挨拶状も付け ・・・[続きを読む]
葬儀を行う側になった場合、参列してくださった方達へ香典返しが必要になります。 昔に比べると贈る品物にバリエーシ ・・・[続きを読む]
誰もが知っていることですが、家族の葬儀を行ったときに頂いたお香典に対してのお礼として品物などを贈ることが香典返 ・・・[続きを読む]
香典返しは故人へのお悔やみとしていただいたお香典へのお返しですが、その時期はいつぐらいが最適かということを悩む ・・・[続きを読む]
香典返しにカタログギフトでお返しをされる方が増えてきています。 従来は後に残らないお茶や海苔、使えばなくなる石 ・・・[続きを読む]
親しい相手が亡くなってしまうことはとても悲しいものですよね。 故人とのお別れの葬儀の場に来てくださった人たちの ・・・[続きを読む]
葬儀の際にはお通夜などで香典を頂く場面がありますが、香典返しは欠かせないものです。 その品物探しには利用した葬 ・・・[続きを読む]
少子高齢化や核家族化などさまざまな社会変化を受けて、葬儀の形も昔とは違ってきています。 ですが、もしも家族だけ ・・・[続きを読む]
香典返しに何を送ればいいか悩んだ経験をお持ちではありませんか。 そこでおすすめなのがネットショップで香典のお返 ・・・[続きを読む]
葬儀の際に参列者から香典をいただいた場合は、お礼の品のお返しをするのが基本です。 とは言え、初めての葬儀での香 ・・・[続きを読む]